デルニューや現先鞘取りは株主優待クロスの仕組みと同じである

こんにちは。okometsubuです。

 

あらかじめお伝えしておきます。完全クソ素人が書く雑談ブログなので参考に何もなりません。

 

最近暗号資産界隈で話題になっている「デルニュー」こと「デルタニュートラル戦略」というものがあります。

 

簡単に言うと、無期限先物をショートして得られた金利をゲットするために、同数の現物をロングで同時刻に取得して金利だけ得ようというお話です。

 

で、私はこの戦略のおかげで1分間でなんと10万円も損しました!!!凄い!!!

 

 

はい。桁を間違えてちょっと目を離してた好きに一瞬で10万円持ってかれてました。正確には11万円。bybitでやってみたのですが全然慣れてなくて数量100倍間違えてたとかそんな感じで超ハイレバになってた。悲しみ。画像は載せません。身バレが怖いのです。超ショックですよホント・・・

 

 

話が脱線しました。

 

 

で、この話を聞いたときに真っ先に思い浮かんだのが「株主優待クロス」です。

 

こちらも一般信用で売り(ショート)で成行買いを申請しておき、同時に現物の買いを成行買いしておいて朝の9:00になったら同時にクロスできて売買手数料と日々の金利だけで株式を保有した状態とショート側の金利手数料が取られる状態になります。

 

つまり、どちらも「ニュートラル」な状態にするということです。売りと買いを合算させると価値は0になるようなイメージでしょうか。

 

さて株主優待クロスの場合は「優待」を貰えますが、今回の「デルニュー戦略」はこの「ショート」側の金利が貰えるということです。

 

これは先物の知識になるため金融リテラシー0の私には詳しく説明できませんのでググってもらいたいのですが、ようするに現物取引との過熱感、乖離を抑えるために、加熱している側にペナルティを与えて価格を現物取引と同じようにしようみたいなそんな感じだったはず。

 

で、今はショートをしていると金利が貰えるということです。つまり、BTCは今滅茶苦茶加熱しているってことですね。ショート側を有利にすることで売り勢力を手助けしようというわけです。

 

さて、やり方についてですが、話題のnoteは当時無料だったのですが今現在有料になったので本ブログでは詳細は公開しません。申し訳ありません。

 

とはいえ、実はこのデルニュー戦略は大分前からある一般的な戦い方であり、グーグル検索してみると割と昔からのサイトが引っかかっている、先物界隈では一般的な戦略だと思います。

 

まぁ、概念は上記に書いた通りなんでね。多分優待クロス民ならすぐ分かると思う。

 

で、なんでこんな話したかっていうと、私が桁間違えて11万円損したから悔しくてネタ記事にしたかったんだよ!!!クソぉおおおおおおおおおおおおお!!!!

 

本当は書く気無かったんだけどネタにしないとただ損しただけになるから悔しくて書きました。貴重なビットコインが・・・

 

ということで久々のアフィ。bybitの紹介コード載せときます。

 

www.bybit.com

「1OmMG」

 

これ使うとよくわかんないけど10ドルお互い貰えるらしい。もしbybit使うなら是非。メールアドレスだけで会員登録ができて入出金や取引まで出来るので超簡単に始められます。

 

後は、100万円相当入金すると5万円相当のBTC貰えるとかなんとか。これもbybitの公式ページをググってもらえればと思います。

 

ではなんでbybit買って言うと、ショートや場合によってはロングで金利が貰えるのは現状海外取引所のみということ。これで正直開設したくなかったんですよね。確定申告が超面倒くさそうだったので。FTXとかBinanceとかでも出来るとかなんとか。

 

結構今年は儲けたので、自動計算ツールを導入して今年は確定申告するかなぁと思ったのでじゃあ面倒な部分はデータ取って自動計算すればいいから海外取引所やってもいいかなって感じで始めました。

 

 

さて、ここでブログが終わってもしょーもないのでもう一つ有名な戦い方として

 

現先取引での鞘取り

 

というのがあります。

 

これもショートとロングポジのやり方は一緒なのですが、ショートする側は無期限じゃなくて期限付きの先物をショートしつつ、同時に現物をロングして、ショートの期限が来たらロングも清算することでその差額分の利益をゲットしようというものです。

 

これもかなり有名で同様に暗号資産界隈だけの話ではなく、先物の話で一般的な話ではあると思う。ただ、未成熟な暗号資産界隈だからこそ輝ける技だとかなんとか。

 

こちらは以下ヨーロピアンさんのnoteを参考にさせて頂きました。

 

ビットコイン ・ 仮想通貨で稼ぐってどうやるの総まとめ(2021年版)|ヨーロピアン|note

https://note.com/europian/n/na0ada938a72b

 

暗号資産界隈では説明不要の超有名人。2014年夏からビットコイン取引をやっている億プレイヤーの方です。雑誌にも載ってたりします。

 

そんな方がまとめているnoteです。無料です。凄い力を入れて記載されているので是非一度は読んだ方がいいです。

 

ということで、こちらの「現物と先物の鞘取り」についても「デルニュー」と並列して少額試している最中と言う感じです。

 

まだ始めたばかりなのでアレですがイメージとしてはこんな感じだと思う。

 

  • 現物と先物の鞘取り:乖離が明白なためクロス売買入れたら割と安心して期日を待てる(はず)
  • デルニュー:ショートで貰える金利が変動するため「上げ相場」を信じないと資産がマイナスになる可能性があるためチョイチョイ見た方がいい

 

で、実際の儲けは恐らく「デルニュー」の方が上です。

 

現先の鞘取りは期日になると理論上?は先物価格が現物と同額近くになるため、クロスを建てた日の差額がその時点で貰えるとかそんな感じなはず。以下FTXのBTC-0326のチャート

 

f:id:okometsubu-blog:20210222182041p:plain

 

上が「BTC-0326」$57,304で下が現物価格$55,576なので、差は約3%です。期日に向かって終息する可能性が高いらしく、4半期に1回なので年利だと4回機会があるので12%/年と言う感じでしょうか。

 

「0326」が期限日なはず。ということで、期日の3月26日になったらショートが清算されるので現物のロングも併せて清算すれば3%ゲットになるはず、みたいなそんな感じになります。マニュアルによれば期日の世界時刻2:00~3:00に清算されるらしいので同日日本の11:00~12:00に清算されるはず。多分。※検証中

 

なので安心感はこっちの方が上かなぁと思った次第。

 

但し、先ほど書いた通り、デルニューの方が伸びると思ったのは、8時間に1回、ショート側の金利として0.1~0.2%程度もらえたりします。つまりこの水準であれば0.3%~0.6%を1日で貰えて月利にすると大体9~18%になる、はず。

 

当然金利は8時間に1回更新されたりマイナスになったりすると思うので下手したら大損する可能性がある点が怖いかなって思います。

 

 

さて、現先の鞘取りについては2倍レバぐらいまでならやってもいいらしいが怖すぎるので私は1倍レバでやってます。こちらはFTXとかBinance辺りで出来るらしい。私はFTXを利用してみました。

 

で、「Estimated liquidation price」がN/Aなら強制ロスカットが無いはず。レバ1倍指定して取引すれば多分大丈夫。

 

f:id:okometsubu-blog:20210222171138p:plain

 

 

こちらもアフィで紹介コード付きURLを張らせて頂きます・・・すいません。11万円損失が余りにも痛すぎました。以下URLから会員登録すると永年手数料5%引きで登録できるっぽいです。

 

■欲望丸出し紹介コード付きURL(アフィリンク)

 

ftx.com

 

もしURLを踏んで以下の画像が出ないようなら上記URLではなく、別の人の紹介コードからたどった方がいいかもです。一応試して出たので大丈夫かなと思います。赤□の中です。多分大丈夫かな。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20210222172318p:plain

 

 

で、bybitもFTXもEメールアドレスだけで登録できたりします。FTXだけは出金制限があって、メールアドレスだけだと1日約10万円、住所まで入れたら1日約20~90万円(※取引量による)、パスポート等で個人情報登録したら無制限で引き出せます。

 

正直、そこまでしなくてもいいかなぁと思って住所まで入力するところでいいかなって感じで進めてます。大金取引したり出金急ぐなら個人情報の登録も必要になりそうです。

 

と、非常にフンワリした形で終わりにしようと思います。何故なら、

 

  • 私自身も検証中で合ってるか微妙
  • 潜在的なリスクが必ずどこかに含んでいるため妄信するにはまだ早い
  • ググったら割と出てくるのでこれを調べられないようだと始められないと思う
  • 年末の確定申告が単純に面倒

 

ということです。アフィリンク張っといてこれは・・・って思いますが、まぁ概念とやることは書いてるのでやる気がある人は出来ると思う。普通に検索したらやり方出てきますし、そもそも「株主優待クロス」と同じやり方で、ショート側が金利貰える、と分かれば普通にできます。

 

ただ、総じて感想としては、結局「デルニュー」側は相場の過熱感が分からないと「養分」になる可能性が結構あるんじゃないかなぁと思ってます。デルニューは言うほど素人向けじゃなくて相当玄人向けだと思ってる。まだ検証中だけどね。

 

これについてですが現在のイケイケロング相場だったら多分余裕で機能するけど年末に向けてピークから下がったら金利を凄い取られると思うので、どこでポジションを解消するかを常に考えないとなと思いました。

 

じゃあ最初から右肩上がりに確信持てるならBTC現物ロングの方が儲かるじゃないかって話になりますが、仮にこの「デルニュー」が失敗しても、金利分の損失が出る程度で抑えられるのは利点です。ローリスクローリターン(※と言っても年利100%以上の可能性あり)を選ぶか、BTCガチホでハイリスクハイリターンを選ぶかと言う感じですね。

 

 

 

・・・で、あくまで私の話なんですが、個人年金を解約したんですが、それを株主優待クロスだけにしようかなと思っていました。が、4月、5月等の優待閑散期があるため、この時期だけ「デルニュー」や「現先鞘取り」をやるのはどうだろうかと思い、今回海外口座を開設してみました。

 

優待クロスが年利3%~6%、現先鞘取りが12%程度、デルニューが-xx%~100%以上という感じでしょうか。リスクの度合いは

 

優待クロス<<<<<<現先鞘取り<<<<<<<<デルニュー

 

になりそうです。

 

これが上手く行けば相当良い感じに伸びる半面、海外取引所のCPリスク(※全損)リスクやデルニューの金利逆転、現先鞘取りも上手く行かない可能性というリスクもあるためあまり大々的にオススメはしづらい感じです。この辺も相場慣れしてる人向けかなと思った次第。やるとしても大金はやらないかな。

 

本当は「現先鞘取り」をメインにしたいけど、4半期に1回で「株主優待クロス」のメイン月と丸被りしてるから実質デルニューがメインになりそう。こっちも手数料かかるので本当は回転させないで放置したいけどリスクを考えたら優待クロスにもある程度入れておきたい。難しい。

 

なので、イメージとしては今年の半減期ピークでMARA,RIOT売却による大量の現金をもし得られる機会があったら、次の半減期まで「現先鞘取り」向けのbotを仕込むかもしれません。「株主優待クロス」はせいぜい1000万円ぐらいじゃないと利率が非常に悪くなるためです。

 

超勉強すると思うけど、例えば乖離がxx%になったらショートとロングを同時に入れるってだけのbotだから超簡単にできると思う。4ヶ月に1回なのでチャンスがあったら自動でやってると言う感じ。FTXは確か公式でbotを気軽に使える環境だったはずなので今年大金持ちになったら勉強だな。

 

 また、流動性を考えてやるとしてもBTC,ETH辺りに留めておいた方が無難な気がします。

 

と言うわけで、今回はここまでと致します。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20210222173729p:plain