【住宅】一括返済できるお金貯まるまで賃貸しつつ資産運用で良くね?

タイトル見て勘違いされそうですが、疑問に思ったので記事にします。

 

世間一般的に言われているのは、

 

今の日本は超低金利だから、住宅ローン目いっぱい借りて資産運用しろ!

 

ってやつ。

 

私もこれには納得で、なるほど確かに少し前の住宅ローンは固定金利でも1.3%未満と非常に借りやすい水準で、変動金利なんかは0.3%前後だというのだから絶対これやった方が良いよねって今なら理解できます。

 

できるのですが、最近持ち家にしたときのデメリットがかなり大きいことが分かってげんなりしてます。

 

  • 持ち家にしても維持管理費とか修繕費用、固定資産税とそもそものローンの金利で結構お金がかかる
  • 上記、一杯ローンで借金したいから高いマンションを無理やり借りてしまった上に、変動金利で借りており、急激に金利が上昇したことで払えなくなって投げ売りで家を売り払う事態になるリスクが常に起こりうる

 

ここで一番重要なのはインフレが発生して変動金利が高騰して払いきれなくなるパターンが怖いと思っています。

 

まぁ、それは賃貸でも起こりうる話なのですが、この「住宅ローン借りて資産運用した方がお得!」って話、持ち家を持たないと始まらないじゃないですか。

 

そうなると、一生一度に持ち家を買う、ということで、ちょっと背伸びしたくなるじゃないですか。住宅ローンもたくさんお金借りれるしそれはそれで理にかなってると思うんですよ。

 

ただ、そうなると当然月額費用は高くなるし、変動金利リスクも非常に高くなる。ググってみると、返済できなくて借金を背負う人っていうのが結構引っかかる。

 

なので、この話は実は、一括返済が暴落が来てもある程度余裕で返せる富裕層向けの戦い方を一般大衆にあたかも「これが普通ですよ!」って流してるヤツがいるんじゃないかと勝手に邪推してます。

 

私のケースですが、私はつい4,5年前までは小市民で普通の資産ぐらいだったので、賃貸もそこまで高い所に住んでいません。いや、結構高いなぁって思ってたのですが、世間で見たらかなり安かったことが分かって最近ビックリしてるというか・・・

 

ともあれ、そんな私ですが、ビットコさんのおかげで税金考慮無しで億が2つ分ぐらいあるので、税金考慮しても富裕層は割と余裕な状況にあったりします。

 

そこで初めて、「今住んでる賃貸よりもグレードアップして住宅ローン目いっぱい借りて資産運用してやるぜ!」って心境になって今に至る所があります。

 

ようするに、「賃貸 VS 持ち家」の前に評価すべき点があって、「自分に合った家に住め」っていうのがまず最初にくるのかなと。

 

なので、とりあえず賃貸でギリギリ生活に苦が無いなぁ、ぐらいの場所に住んで置いて家賃を休めに設定しておいて、資産運用してある程度の額が手元に溜まったら、本来住みたかった「持ち家」にシフトすればいい、というのが私の結論です。

 

当然、賃貸の方が持ち家を持つより割高だというのはなんとなくわかりますが、持ち家の場合は最初に書いた通り、

 

  • 管理費+修繕費+固定資産税等々、割と費用が掛かるので異常なまでに賃貸より安いということは無い
  • 若い内は給料や総資産が多くない状況で、「一生に一度の買い物」ということで背伸びして結構キツめの家を買って住宅ローンを目いっぱい組むのは愚の骨頂ではないか
  • 対して妥協して「一生一度の買い物」を買った場合、ランクを上げたくても結局割高になったり面倒になったりしそう
  • 人生100年生きる場合、20代とか若い内に持ち家買っちゃうと、築年数50年とかになって最後まで持ち家に住めるかかなり不安。最後まで住むなら40代ぐらいで買った方がいいんじゃね?
  • 賃貸でも十分資産運用が可能

 

最後の1行が個人的に重要だと思ってて、何も「住宅ローン」を組まなくても資産運用って可能なんですよね。当たり前なんですけどw

 

で、一生一度の物件を資産が無い状態で住宅ローンフルで借りるのってやっぱ愚の骨頂だと思うんですよ。だったら、身の丈に合った賃貸に住んで月額費用を抑えて、その抑えた分を資産運用に回すのが小市民の戦い方ではないか?という結論になりました。

 

だってさ、前回ありがたいことにコメント頂いたのですが、4000万円の家を50年住んだとしても、月額14.4万円ぐらいかかるってことらしいんですよ。

 

私の今住んでる賃貸よりかなり高いじゃないか・・・あれ、今私ってそこまで良い所に住んでないってこと・・・?(困惑)

 

ってなってしまいました。まじかよ。今の賃貸物件、超気に入ってるんだけど。購入したらそんなに高くないのかぁ・・・って悲しくなりました。

 

結局、多少割高だとしても、相応の賃貸物件に住んで、ある程度資産運用でしっかり資産を貯めつつ、「ここまであれば余裕で持ち家買えるな!」って所になってから、ある程度良い物件を物色するほうが、「精神的」にも「経済的」にも「築年数」的にも、かなり良い選択肢なんじゃないかなと思った次第。

 

とはいえ、一生一度の持ち家だとしても、かなり安くて平気!って人は最強かもしれない。駅30分離れた奥地に超安い戸建てを買って、住宅ローンしっかり借りて運用すれば、なんとかなりそう。

 

でもそうなると、引っ越しが超絶厳しくなるんよなぁ。人気の無い場所の家は流動性が乏しいから引っ越しせざるを得なくなった時に大変な思いをしそう。やっぱ最初は資産が無いのだから諦めて、しっかり給料なり資産運用で貯めて、身の丈に合った資産ができてから行動すべきだと思った。

 

住宅ローンしないと損する」って話、結構ミスリードあると思うんだよなぁ。刷り込み観たいな。普通に賃貸でも資産運用できるからね。というか今の私は富裕層ですが賃貸でやったし、そのおかげでかなり持ち家の選択肢の幅が広がってるのは事実だし、仮にローンが払えなくなっても「一括で返済すればいいんだが???」みたいにストレスゼロで立ち回れる。強い(革新)

 

この話って賛否両論、派閥も複数あって結論ググるの無理なんだよなぁ・・・自分の中で向き合うしかないのよな。あと算数の知識。数字は裏切らないので、ちゃんと計算した上で、どっちがどのぐらいのコストかかりそうか、ある程度予想できる範囲して、後は決め打ちで考える。とにかく、算数はしておいた方が良いってことは学びました。終わり。

 

さて、資産を貯めた私は今後どうするかなぁ・・・!選択肢が多くなりすぎて困る!!!完全に贅沢な悩みなんだけれども!!!