【まとめ】過去シミュレーション結果置き場

こんにちは。okometsubuです。

 

ここは今まで検証した数々のゴミの山 「検証結果」をまとめたリンク集となります。

 

気が向いたら随時更新予定。

 

ただ、私がズボラなので記事のリライトはほとんど行っていませんので、当時の検証結果を見た私の考え方とその後の検証結果から等で今の考え方は全く異なってくることをご了承下さい。

 

尚、レバレッジ商品について金利は考慮していないため、高金利化が進むにつれてパフォーマンスが劣後する可能性はあります。

 

 

・・・まとめてみたら全然まとまってない程見にくい。あんまり有効に機能しなかったらこの記事自体後で削除します。

 

 

 

 

ぼくがかんがえたさいきょうのなにか

【iFreeレバレッジ】ぼくがかんがえたさいきょうの比較的安全に資産を得る方法【RPAR】 - 日々の生活をがんばるブログ

【攻略】楽天カード1%ポイントを比較的安全に高利益で入手する方法【楽天証券】 - 日々の生活をがんばるブログ

 【超安全PF】解約した個人年金の5%をビットコインに投資します【既に10%投資】 - 日々の生活をがんばるブログ

  

ゲームのRTAまとめ

Speedrun.com結果

Runs - okometsubu - speedrun.com

https://www.speedrun.com/user/okometsubu

 

DEATH STRANDING VeryEasy(Any%) 世界1位(2023/5/08時点)

【RTA】デスストランディングAny%でも世界一位になりました【WR】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

DEATH STRANDING VeryHard 世界1位(2023/4/20時点)

【RTA解説】DEATH STRANDING Very Hard% World Record【VOICEVOX実況】 - YouTube

【RTA】デスストランディング(無印)VeryHardチャートメモ - 日々の生活をがんばるブログ

 

Ring of Pain Any%/Medium%/Hard% 全難易度世界1位(2023/4/20時点)

【ゲーム】Ring of Pain Any%(難度ハード) TAタイムアタックメモ置き場その3(2022/12) - 日々の生活をがんばるブログ

 

Loop Hero 世界3位(2023/4/20時点)

【RTA】Loop Heroのゆっくり実況解説動画作りました【雑記】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

ビットコイン関連記事

【BTC】最強!バランス型ポートフォリオにビットコインを追加しよう!【検証】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】対決!ビットコインバブル VS 3倍レバレッジ(リーマンショック編) - 日々の生活をがんばるブログ

【Bitcoin】対決!ビットコインバブル VS 3倍レバレッジ(ITバブル崩壊編) - 日々の生活をがんばるブログ

【仮想通貨】Bitcoinについて色々まとめます【自分用】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】過去のビットコインの暴落頻度を確認します【逆張り調査】 - 日々の生活をがんばるブログ

【最強】ビットコインは積立投資でも億万長者を狙えました【BTC】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】IVV(S&P500)を全部売却してBTCへ積立投資したらどうなるか検証します - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】お金持ちになりたいなら株に固執しすぎないで新しい視点を持とう!【ビットコイン】 - 日々の生活をがんばるブログ

【TECL】ビットコインはレバレッジETFと異なりナンピン買いの重要度が低い【SPXL】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】ビットコインはストーリーが分かりやすいから投資しやすい【初心者向け】 - 日々の生活をがんばるブログ

【米国株】税金先延ばしのためのショートについて考えます【雑記】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】改めて仮想通貨取引所についてまとめます - 日々の生活をがんばるブログ

【先物】デルタニュートラル戦略は放置が難しい【BTC】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

【BTC】MARA,RIOTのバブル崩壊からの復活時間を調査します - 日々の生活をがんばるブログ

→業務レバレッジ銘柄。レバレッジETFと同等のボラが期待でき、復活までの時間軸は指数のBTCと似た動きを期待できそうというもの

 

アルトコイン関連記事

【仮想通貨】BTCとBNBを簡単に比較します - 日々の生活をがんばるブログ

【TLM】無料でもらった草コインを売るタイミングを検討します【BNB】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

 

オールウェザーポートフォリオとRPARについて

リスクパリティPF(RPAR)はオールウェザーポートフォリオの代わりになるか - 日々の生活をがんばるブログ

対決!オールウェザーポートフォリオvsRPAR(リスクパリティPF) - 日々の生活をがんばるブログ

【RPAR】疑似データでリーマンショック時の動きを確認します【レバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

本当にRPARに投資していいか最終チェックをします - 日々の生活をがんばるブログ

疑似RPAR1.5倍レバレッジを1000万円程購入しました【オールウェザーポートフォリオ亜種】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

【BTC】最強!バランス型ポートフォリオにビットコインを追加しよう!【検証】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

対決!本物のRPAR vs 疑似RPAR vs S&P500(IVV)!【リスクパリティポートフォリオ】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

以下からレバレッジ商品に関するまとめ。筆者が既にレバレッジ商品を全部ビットコインにスイッチしてしまったので過去の参考程度として見て頂ければと思います。

 

RSIを用いたリバランスタイミング調査

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その1(TQQQ_TMFリバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その2(TQQQ現金リバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その3(SPXL_TMFリバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その4(SPXL現金リバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その5(TECL_TMFリバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その6(TECL現金リバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その7(TQQQ微調整編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その8(SPXL微調整編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その9(TECL微調整編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

SPXLとTMFリバランスについて

【3倍レバレッジ】SPXLとTMFを疑似データを使ってリバランス検証します_その2(VUSTX編) - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLとTMFを疑似データを使ってリバランス検証します - 日々の生活をがんばるブログ

SPXLとTMFリバランス効果を検証します_その1(金利上昇期編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

SPXL等レバレッジ商品とドルコスト平均法についてまとめ

【3倍レバレッジ】SPXLは積立投資で輝けることを証明したい!その1(暴落時積立編) - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLは積立投資で輝けることを証明したい!その2(暴落5年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLは積立投資で輝けることを証明したい!その3(暴落10年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLは積立投資で輝けることを証明したい!その5(vs疑似TECL編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

【QLD】iFreeレバレッジNASDAQ100への投資方法について検証します【NASDAQ100】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】積立投資がレバレッジ商品に向いているか検証します【SPXL_TECL_iFreeレバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL_SSO】世界恐慌時に毎月積立投資をしたらどうなるか確認します - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジと「ノーセルバリュー平均法」検証記事。ドルコスト平均法改良版

【SPXL】ノーセルバリュー平均法(少額投資)の方法を記事にしてみた - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その1(直近暴落編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その2(暴落5年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その3(暴落10年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その4(暴落15年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その5(暴落20年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VSドルコスト平均法その6(直近暴落10年分割編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VSドルコスト平均法その7(暴落5年前_10年積立編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VSドルコスト平均法その8(暴落10年前_10年積立編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

対決!ノーセルバリュー平均法VS現金リバランスその1(直近暴落編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VS現金リバランスその2(暴落5年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VS現金リバランスその3(暴落10年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VS現金リバランスその4(暴落15年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

【SPXL】ノーセルバリュー平均法の条件を変えて軽く検証します【読者様条件】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

VIXを用いた投資方法

【SPXL】VIXによるタイミング投資を検証します - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】VIXによるタイミング投資を検証します_その2(TMF_TQQQ等編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

【レバレッジ積立】VIXを用いた積立額変更運用について - 日々の生活をがんばるブログ

 

SPXL現金リバランス(※過去記事なので荒い)

【SPXL】対決!ナンピン購入VS現金リバランス!その0(プロローグ編) - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL】対決!ナンピン購入VS現金リバランス!その1(長期運用編) - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL】対決!ナンピン購入VS現金リバランス!その2(絶望投資編) - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL】対決!ナンピン購入VS現金リバランス!その3(リバランス調整編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

つみたてNISAは実は積立ではなく、一括投資を20年間保有しているものであるという考え方

【つみたてNISA】積立先を世界株式に変更するべきか検討します - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

SPXL:VOOにおけるリバランスについて

【SPXL】リバランス運用は現金よりVOOの方が若干有利かもしれません!【毎月リバランス】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

リバランス時期調査。長期リバランスしない方が結果は良かったが、運次第なので微妙な記事

【SPXL】現金リバランス間隔は何ヶ月まで延ばせるのか? - 日々の生活をがんばるブログ

【日経編】現金リバランス間隔は何ヶ月まで延ばせるのか?その2 - 日々の生活をがんばるブログ

【TECL編】現金リバランス間隔は何ヶ月まで延ばせるのか?その3 - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジと「順張り投資」検証編

【レバレッジ】SPXLやTECLは順張り時で購入すべきか検証します【落ちたナイフ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】SPXLを第1次オイルショック時に順張り投資したらどうなるか確認します【続き物】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】SPXLをベトナム戦争頃の暴落時に順張り投資したらどうなるか確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【S&P500】大暴落時の底から1年後に順張りをした場合の株価を確認します - 日々の生活をがんばるブログ

 

ドルコスト平均法における「順張り」 VS「逆張り」まとめ

【和製バフェット手法】対決!ドルコスト平均法順張り積立VS逆張り積立(IVVorQQQ) - 日々の生活をがんばるブログ

【和製バフェット手法】対決!ドルコスト平均法順張り積立VS逆張り積立その2(SPXLorTQQQ) - 日々の生活をがんばるブログ

 

成績の良い銘柄に常に投資した場合の末路

【和製バフェット亜種】成績上位5種集中投資法を検証します - 日々の生活をがんばるブログ

 

疑似SPXLの暴落頻度調査

【SPXL】過去のSPXLの暴落頻度について調べます【購入タイミング調査】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

SPXLやTECLがSEC介入により償還や3倍から1.5倍値動きになった場合の対策まとめ

【3倍レバレッジ】SPXLやTECLが無くなったらどう行動すればいいのか!?【iFreeレバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】CFDはSPXLやTECLの代替となりうるのか?!【5倍レバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLやTECLが無くなったらどう行動すればいいのか!?【2040ダウ平均レバ編】 - 日々の生活をがんばるブログ

【償還対策】CFDはSPXLやTECLの代替になり得るか改めて考えます - 日々の生活をがんばるブログ

【償還対策】信用取引で値動き3倍を実現可能か確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【CFD】元本レバレッジを積立投資したらどうなるかシミュレーションします【SPXL】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

 

TECLとSOXLがITバブル時にあったら償還されると思われる記事

【3倍レバレッジ】TECL対SPXL大暴落麓決戦!【リーマンショック】 - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SOXLについての過去暴落時を疑似検証します!【リーマンショック】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジは「減価」だけじゃなくて「増加」のメリットもある

【調査】レバレッジの複利効果の疑問について解消します【算数レベル】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

過去の暴落時期にレバレッジ投資していたらどうなるか編

【SPXL】今回の暴落が1970年台型だった場合の状況をシミュレーションします【3倍レバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】当時のリーマンショック時のダウ平均を改めて確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL】リーマンショック時の暴落期間を改めて確認します【90%減】 - 日々の生活をがんばるブログ

世界恐慌が発生した場合をシミュレーションします(S&P500編) - 日々の生活をがんばるブログ

世界恐慌が発生した場合をシミュレーションします(SPXL編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジ商品をある程度利益を得たら売却もしくは等倍商品にスイッチした場合の結果

・単純に売却しただけの場合

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その1(世界恐慌編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その2(ベトナム戦争編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その3(ITバブル崩壊編) - 日々の生活をがんばるブログ

・売却後S&P500にスイッチした場合

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その4(世界恐慌S&P500編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その5(ベトナム戦争S&P500編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その6(ITバブル崩壊S&P500編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その7(平常時編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

FANG+についての検討記事

【等倍】FANG+を積立投資したらどうなるか確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【2倍レバレッジ】FANG+2倍レバレッジを積立投資したらどうなるか確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【FANG+】過去暴落時のFANG+の結果を銘柄を減らして検証します - 日々の生活をがんばるブログ

【滅亡フラグ回避】iFreeレバレッジ FANG+投資先であるETNについて - 日々の生活をがんばるブログ

 

セゾン・グローバル・バンガード・ファンドについてのドルコスト平均法結果

【積立】セゾングロバラとドルコスト平均法の相性は残念な結果でした - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジと乖離についての検証記事

【TECL】乖離が発生したらどうすればいいかをまとめました【放置でOK】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

金利についての所感、感想

【SPXL】過去の超金利高の時の株価を調査します【雑談】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

株主優待クロスと時給換算

【働くお金】株主優待クロスを時給換算で考えます - 日々の生活をがんばるブログ

 

株主優待でもらって地味にうれしかったもの(※自分用備忘録)

今まで株主優待で貰って嬉しかったものを列挙します - 日々の生活をがんばるブログ

 

人生におけるレバレッジ比率についての考え方

SPXLは1.75倍レバレッジが最適らしいが私が投資を辞めない理由 - 日々の生活をがんばるブログ

 

高配当株再投資戦略を最初から目的としてはいけない理由

SPYDや高配当株の配当再投資戦略なんてお止めなさい【お節回】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

 

 

f:id:okometsubu-blog:20200724142416j:plain

 

SBI VCトレードのFundingRateを確認します(2024年6月)

一応、アフィとか無いので安心してください。あったらリンク張りますが私はそんなもん持ってないので、ただの一個人が調べただけの記事です。

 

過去にもやってた記事の2024年版。以下2023年の記事。

 

okometsubulog.hatenablog.com

 

SBI VCトレードはTaoTao取引所と合併したことで非常に使い勝手が良くなった取引所(という肌感覚の話)となっている感じの所です。また、SBIグループなので安心感は相当なものでしょう。

 

私がここに注目しているのはレバレッジ取引があるからだ。ポイントはBTCやらETHを証拠金として使える点。海外取引所だと当たり前なのですが、これができて、かつ、金利が場合によりマイナスになってポジション保有するだけでお金がもらえる(かも)システムなのが個人的に嬉しいでしょうか。(※私はまだ使ったことない)

 

今日は、そろそろ2024年末が近いなってことで、実際使い始める時期になりそうな雰囲気なので、ぼちぼちその金利であるFundingRateの推移を見ていこうかっていう感じで。

 

データは以下公式サイトから取得しました。こちらを元に確認します。

ttps://www.sbivc.co.jp/leverageCost

ttps://www.sbivc.co.jp/leverageCost/archive

 

2021/05/31~2024/6/15までのショートチャート

2021年5月31日からの合算で見てます。この日からしかデータが無いため。このチャートはマイナスに行くほど、ショート有利で金利がもらえるって感じです。

 


ちょっとわかりづらいので、2021年5月31日にBTCとETHをそれぞれショート(売り)をしていたらどうだったかを記載します。100がスタートで、100以上なら儲かっていることになります。

 

 

結構面白かったのが、基本、ビットコイン以外の草コインの方がショートって旨味があるイメージがあったのですが、ビットコインの方がツヨツヨですね。最近ETHのチャート見てないですが、元気がないってコメントはみかけたので、そういうことなのでしょう。

 

さて、2021年5月スタートでBTC側は106になったので、年利で言うと2%(単利の雑計算)と言う感じでしょうか。デルニュー(現物買い/レバ売り)なら多少儲かったかなっていう程度と思われます。スプレッド手数料考慮で1.5%ぐらいでしょうか。銀行預金入れるより悪くなさそうに見える。先ほどの取引所破綻リスクがあるので、それに見合っているかと言われるとなんともな数値ですが。

 

ちなみにロング側はどうでしょうか。たまに、「借金してでも今の時期ならビットコイン買い増ししたいぜ!」って言っている人を見かけたり、私自身も2024年の今ならお祭りなので参加するのはやぶさかではない、って思ってるので、ロングするのってアリなんじゃ・・・?って思ってます。金利はどうでしょうか。

 

実はSBI VCトレードは売り注文時と買い注文時で金利手数料が異なっており、買い注文が圧倒的に不利だったりしてます。実際どうでしょうかっていうのを下記します。

 

2021/05/31~2024/6/15までのロングチャート

先ほどのショート側の場合、最大で0.05%だったのがロング側だと0.08%に瞬間威力があることが分かります。0.03%分、不利です。じゃあ実際2021/5/31からロングしたらどうなるか流れを見てみましょう。100スタートです。

 

 

凄い勢いでお金が減るよ!

今現在BTCが大体80なので、年6.7%(単利)減っている感じか。6.7%/年で借金する感じをどう見るかって話になる。

 

ちなみにインデックス投資の全世界株式の過去20年の年利は4~7%と言われてるそうです(Gemini調べ)。そう考えると、やはり6.7%の借金を負って迄戦うのは非常に不利じゃないかなぁ・・・と、元インデックス投資信者は思ってしまうわけです。

 

なので、私は住宅ローンで借金しまくってその浮いたお金でビットコインに全力すればいいじゃん!って思って過去ちょっと色々調べましたが、値上がりする持ち家を見つける難易度の高さ(※売り切る想定)だったので辞めました。

 

話が脱線しました。

 

さて、レバレッジ取引は残念ながら「販売所」形式です。ただ、指値もできるので、多少は恩恵あったらいいなぁ・・・ぐらいに見てます。では、実際の成行注文であろう「ストリーミング」で注文したらどのぐらいの差があるかチェックします。以下公式サイトの注文ページの画像を引用します。

 

20,000円の差がありますね。パーセンテージで言うと、大体0.19%ぐらいのスプレッドと言う名の手数料でしょうか。なお、SBI VCトレードのレバレッジ取引の手数料は無料なので、この0.19%が手数料としていいでしょう。当然ながら、時期によって差が分かれると思うので注意が必要か。

 

ちなみに過去に計測した際の物。

 

(2023年5月時)

3910円の差があるので、大体0.11%程度でしょうか。あれ?かなり安いんじゃない?

 

当時測定した瞬間は0.11%らしい。やっぱ測定時間でだいぶ変わりそうですが、SBI証券の米国株の手数料が最大0.45%と考えるとかなり安い気がします。というか、取引所ってリスクMAXで手間も多大であることから、これぐらいなら、まぁ、いいかなぁって。取引所が存続してくれるだけでありがたい。

 

理由として私が英語できないから!!!

 

海外取引所が破綻した後絶対大変なことになるのは、某TXアフロで学びました。たまに海外からレターが届くけど英語すっごい書いてあって何書いてあるか分からなくて怖いよ!※毎回ツイッターとかで調べて安心感を得ている

 

後は一応、曲がりなりにもハッキングがあったら、今のところ補填されてますからね・・・それに期待せざるを得ない。SBIもグループ全体でみたら余裕で補填してくれるんじゃないかという期待を込めてる。

 

尚、ここまで書いておいてなんですが、私はまだレバレッジ取引実際にやったことないので、本当にそうなるかなぁ~とか良く分かってない勢です。年末のバブルが来たら少額ずつ試していく予定です。

 

 

 

【BTC】1BTC=1BTCってどゆこと?

突然疑問に思ったことを書くコーナー。

 

よくビットコイナーや理解ある人達が「1BTC=1BTC」ってツイートをしてるのを見かけるのですが、一体なんなのでしょうか。

 

なんか、私見で恐縮ですが、「1BTC=1BTC(ドヤァ)」が必ずついてるように見えるので、恐らく、俺様の愛したビットコインは凄いだろ!って発言だと思うんだけど、実際どういう意味だろうか。

 

1BTC=1BTCとは

 

???

 

これだったら、「1円=1円」でも使えるんじゃないの???

 

そうではなくて、

 

1円(2014年) = 0.632円(2024年)

 

なのですが、BTCの場合は

 

1BTC(2014年) = 1BTC(2024年)

 

と、こんな感じで使われてるのだろう。

 

本当にそうだろうか。おなじみのツイッター()で検索してみると、

 

"1BTC=1BTC"だから、法定通貨建てがいくらになろうと関係無いぜ!

 

みたいな感じで使ってる人を見かけると同時に、

 

"1BTC=1BTC"だけど、買えるものがどんどん増えていくぜ!

 

 

みたいな1BTCの価値は高まっていることをアピールしている人もいる。

 

1BTCの法定通貨建ての価格がどうなろうが知ったこっちゃないって言ってる反面、買えるものがどんどん増えていくと喜んでるんだよね。矛盾してないか?まぁ、前者と後者で発言してる人が違う人なので、「お前がそう思うんならそうなんだろう?お前の中ではな。」っていうアレが頭をよぎりますが。

 

そういう意味だと、1BTC=1BTCを使う人で用途がバラバラなのが気になります。

 

後者の色々ものが買えてうれしい!っていう発言で使ってる人は、例えば、

 

1BTC=100万円=中古車=1BTC」(2020年)

1BTC=1000万円=高級車=1BTC」(2024年)

 

になったとすると、結局高い物が買えることになってるので、必然的に法定通貨建ての価値もあがってるから、やっぱり嬉しい!ってなるじゃん。そして、

1BTC=高級車>中古車=1BTC」ということになって、結局

1BTC>1BTC」になるってことだから、全然「1BTC=1BTC」じゃないじゃん!って思ってしまった。

 

結局、みんななんだかんだ「1BTC=1BTC」って言ってるけど、BTCの価値が法定通貨建ての価格が上がったら滅茶苦茶喜ぶじゃん。

 

あ、俺は法定通貨建て価格、全然興味ないから」って人もたまに見かけるけど、多分その人、2010年とか2014年参入で、すでに100BTCぐらい持ってて法定通貨建てでいたら億万長者なので、もう一生安泰だから法定通貨建てとかどうでもいいや~って心境の人たちだからじゃないのかって思うんだけど私の心が歪んでいるのだろうか。

 

もしくは、「ガチのビットコイナー」で、もうガチガチのガチで法定通貨建て興味なくて、ビットコインさえ持ってればそれでいい、1BTC=100円になってもガチホしてるみたいなヤベー人なら確かに「1BTC=1BTC」発言は正しい。気がする。

 

でも、99%の人類は「1BTC(未来) > 1BTC(過去)」を望んでる or そういう未来になってしまう危機感を抱いてるわけじゃないですか。そうなると結局私の結論として「1BTC=1BTC」がなんなのか良く分からないという結論になりました。え?どゆこと?

 

こういう時はAIに聞くのが手っ取り早いです。Geminiに聞いてみました。

 

===============

「1BTC=1BTC」という表現は、一見すると冗長で無意味なように思えますが、実はいくつかの意味合いを持つことがあります。

1. ビットコインの価格に関する冗談

これは、ビットコインの価格が変動する資産であるにもかかわらず、「1BTCは常に1BTCである」という皮肉を込めた冗談として使われることがあります。暗号資産市場の価格変動の激しさや、ビットコインの価値に対する懐疑論をユーモラスに表現していると言えるでしょう。

2. ビットコインの性質を強調する表現

ビットコインは、分散型台帳技術に基づいており、偽造や改ざんが困難なように設計されています。このため、「1BTCは常に1BTCであり、それ以上のこともそれ以下のこともない」という表現で、ビットコインの唯一性や不可分性を強調することがあります。

3. 特定の文脈における合意

特定の文脈において、「1BTC=1BTC」という表現は、参加者間の合意を表すために使用されることがあります。例えば、ビットコインの取引を行う際に、1BTCをいくらで売買するかについて合意したことを示すために使うことができます。

4. 単純な事実の陳述

場合によっては、「1BTC=1BTC」という表現は、単に事実を述べているだけということもあります。例えば、ビットコインの定義を説明する際に、「1BTCはビットコインの通貨単位である」というように使うことができます。

このように、「1BTC=1BTC」という表現は、文脈や意図によって様々な意味を持つ可能性があります。解釈を誤らないように、発言者の意図を理解することが重要です。

なお、2024年6月13日現在、1BTCの価格は約1000万円相当です。これはあくまでも参考値であり、実際の価格は取引所や時間帯によって変動します。

===============
 
長い!要約すると、
  • 2100万枚固定だから、価値が変わることは無いことをアピールしてるよ!法定通貨に対しての宣戦布告だよ!ブラックジョークだよ!

 

ってことか。

 

ようするに

 

1円(未来) = 1円(過去)」って一般人は思ってるけど、その場合は

1BTC(未来) > 1BTC(過去)」であるということ。

 

1円 < 1円」って思ってるビットコイナーの人たちの場合は

1BTC=1BTC」って言ってるってだけね。

 
見る人によって計算式変わるから、一概にも1BTC=1BTCが正解だし正解じゃないこともあるっていう、そういう感じね。
 
あぁ、そういうことか。ビットコイナーの立ち位置を表明する場合の一番手っ取り早いお気持ち表明方法ってことか。私はビットコイナーですって自己紹介するときに使う物って、ただそれだけの話だった。
 
まぁ、普通に書くと、
 
「1BTC / 21000000枚」 と「1円/無限(変動)」で考えるなら、一般の人でも「1BTC=1BTC」って考えの方が適正だなぁって最初の意見に戻ったり戻らなかったり。
 

結論

  • 「私はビットコイナーです!」って自己紹介するだけの記号だった
  • すっごいどうでもよかった
 

 

RTA in Japan Summer 2024に応募するの忘れてた件

最近悶々と悩んでいたせいか、RTA in Japanに参加表明するのを忘れてしまいました。

 

RTA in Japanとは、日本で開く大規模RTAイベントで、リアルタイムアタック、要するにゲームで一番早くクリアできるやつ選手権です。選手権というか、お披露目パーティーみたいな感じでしょうか。以下公式サイト。

 

rtain.jp

 

じゃあ今回何で参戦しようかというと・・・実の所、最近はゲームどころじゃない精神状態だったので、参加自体は見送って正解だったかなぁと。

 

ただし、RTA in Japanは当選率15%という狭き門があること、参加表明を繰り返すことで、多少は採用率もアップする可能性があることが調べた範囲では分かっていました。以下過去記事。

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

 

よって、お気持ち表明よろしく、とりあえず参戦表明をしておくと、本当に将来このゲームで出たい!!!ってなった時に多少有利かなぁというので、今回も参加表明だけしとこうかな、あわよくば採用されても記録持ってるゲームなら問題ないでしょう、と言う感じで考えていました。

 

で、今年のRTA in Japan Summer 2024はというと、過去最大の7日間ぶっ通しの特大イベントであり、採用率も実はアップしていただろう年だったりしました。そう、参加するなら今回がビッグチャンスだったのです!!!

※以下公式サイトからの引用となります

 

 

私はWinter 2023で「DEATH STRANDING(PC)」で応募して、無事参加することができました。

 

www.youtube.com

 

実際参加してみて良かったと思える点を挙げると次のようになります。

 

参加して良かったこと

  • 承認欲求がとても満たされる
  • やってるゲームが面白い場合に視聴者にそれを宣伝できる
  • 程よい緊張感。現実世界では得られない興奮を得られる
  • 開催当日まで一つのゲームに熱中できる。練習は苦しくもあり楽しくもある、貴重な時間が過ごせる
  • (全然関係ないですが)デスストの小島監督からコメントを頂けてすげぇ!!!ってなった超貴重な体験ができた。
  • 人生の思い出に刻まれた

 

実際参加させてもらって本当によかった。そして気づいたらデスストの小島監督ツイッターでフォローしていただけてるの最近知ってクッソビビってます。え!?私のツイート見る価値ないぞってなってかなり恐縮してます!

 

ででーん!

 

えぇ・・・大丈夫でしょうか。まぁいいか!魚拓だよ魚拓!うへへへ・・・

 

人を選ぶと思いますが、実際デスストは神ゲーなので全人類にやってもらいたいし、なんならビットコイナーと相性良い気がする。世界観的に。通常プレイもクッソ面白いし、RTAは別次元の面白さがある。二度おいしい。

 

なので、私はデススト2PC版発売待ちです。PS5まで買うかは・・・子供がいるので、多分、スイッチ2がでたらそっち買うことになりそうです。中スペックゲーミングPCも持ってるので、やっぱPC出たらかな。

 

話が脱線しました。

 

ともあれ、デスストという特大タイトルだったので前回おこぼれで採用させていただきましたが、私がRTAにハマってるゲームは今のところインディーズゲームだけなので、恐らく採用される率は大幅に下がるでしょう。なので、とりあえず参加表明だけして、あわよくば・・・狙いだった。

 

でも忘れちゃった。仕方がない。また何か「このゲームのRTA神だから宣伝しなくては!」っていう気持ちになったら参加することにする。

 

いや、今記録もってる「Ring of Pain」も神ゲーなので、是非RTA走りたいと思うんだけど、クッソキモイ敵がでるし、超スピードで走るから解説間に合わなさそうだから大丈夫かな・・・解説者お願いとかコミュ障だからむりぽ・・・っていう辛さもあるので、ヤキモキしてしまうのでした。

 

そうだな。ヤキモキする部分も書いておこうか。

 

参加を躊躇する部分

  • 基本オフライン参加で「みんなでワイワイやるぜ!」というスタンスだが、私は影に隠れてひっそりオンライン参加で押し込まれている
  • 解説者を用意できないと自分で解説することになるから、一瞬でも気を抜けないゲームだと自分で解説するの困難だし、視聴者に楽しんでもらえない危険がある
  • RTAをプレイするのは楽しいが、果たして視聴者目線で楽しめるゲームなのか?というプレイヤーと視聴者での楽しみ度合いがずれてる部分が怖い

 

一番怖いのがやっぱオフライン参加が基本なんですよ!そもそもそういう集まりだからね!陰キャな私と実に相性が悪いのだ!!!

 

もちろん、オンライン枠があるので、参加していいのだ。でもちょっと躊躇する、そんな感じです。

 

後は解説者さんを用意することかな。私は一人で黙々と好きなゲームを走りこむタイプなので、グループに入ってキャッキャウフフする感じでもないんですね。なので横のつながりがほぼゼロ!Summer 2023の時は色々な方を介して つめ子さんにお願いできたのはガチで幸運でした。

 

そういう意味でもRTAのグループに入ってもいいかな?って思ったことが若干あったのですが、私はその場その場で興味があることがコロッコロ変わっちゃうので、なんもRTAやってない時間が長くなると気まずいのもなぁ・・・というのもあって悶々としてました。

 

この辺、アーリーリタイアしちゃったら、むしろ解説役とかで参戦して新しいゲームを知るとかできるかもしれませんね。あぁ、仕事やりたくない。

 

ということで、今回は残念ながら不参加となりましたが、次回の冬は、とりあえず参加表明して、謎に受かってしまったら滅茶苦茶練習しようかなって思いました。

 

 

ビットコイン(BTC)と関連銘柄報告会(2024/6_2週目)

今日の雑記帳。

 

最近熱中して何かこれやりたい!っていうのが無くてぼーっとしてる。

 

いや、それは嘘だな。ビットコインのセルフカストディとかそういうのばっかりが頭を占領してる。結局自己管理はNonKYCがセット、ということだよなぁ・・・ってことばっかり考えてる。それのせいで楽しくゲームもできやしねぇぜ!!!

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

okometsubulog.hatenablog.com

 

NonKYC化。超怖い。何が怖いって海外にごにょごにょ通貨を送金してごにょってHWWウォレットに戻すんだろうけど、その海外にごにょる時点が超怖い。

 

ようするにNonKYC対応ウォレット作るなら、その海外のところを「トラスト」しないと実現しないわけなのだ。

 

トラストできんよぉ・・・海外の謎のアドレスに私の大切な財産であるビットコを送金すること想像したら発狂しそうになる。まとも(と思われる)所は既にKYC標準装備なのだ。NonKYC対応は良く分からん場所だったりP2P専門だったりDeFi取引所だったりでETH系列なのだ。多分。ざっと調べた限りだと。

 

国をトラストするのか、海外のなんか良く分からない所をトラストするのか。ってその2択を問われたら、さすがに国じゃないか。海外の良く分からん所に送り出すのはさすがに・・・

 

って思うのは私が日本人だからだろう。

 

みんな、本当に度胸あるなって思う。自分のアドレスに送金する時でさえ、冷や汗すっごい流しながら、滅茶苦茶1文字ずつチェックして送ってるのに、慣れてる人は割と平気で海外の謎のアドレスに送金するんだもの。

 

せめて某ナンスが日本上陸する前だったらなぁ・・・って最近10回ぐらい思った今日この頃。

 

ともあれ、理想は「NonKYC化 + 自己管理」でしたが、昨日も色々ツイッターで将来の日本の状況とか教えてもらって、実はNonKYC化じゃなくても自己管理って有益な部分はあるのではないか?とちょっと自己管理派もいいなって思えるようになっているのも事実。ようするに、相続時代が怖いだけで、私が生きている間に国からの締め付け問題が起こりうる状況の場合は自己管理はアリということだ。

 

そもそも日本は衰退するのは確定的に明らかな状況。私の寿命も長ければ60年、70年ぐらいあるだろうか。普通に衰退する状況にあるのは明白だろう。であるならば、やはり多少は持っておいてもいいかなって思えるようになった。相続は・・・最悪破棄もやむを得ない。もしくは生前贈与だろうか。まだFIREすら達成していない乏しい経済状況だが、かえって好都合かもしれない。

 

なんか、今になってやっとわかったんだけど、そりゃー金融庁が海外取引所に対して注意喚起しまくって、「ビットコインはやっぱり詐欺だった!」って空気を日本に浸透させてくるわけだよなぁ・・・。今さらなんだけど分かった。そういうことだったのね・・・気づくのが4年遅かった感ある。信じられる海外の所が私の知識の中ではもうない。

 

まぁ、信じて送り出した某TXがアフロと共に消えてなくなったんだけれども・・・

 

まだ上手く頭が整理できてないので、一旦この話は終わりにしよう。

 

そうだ。そうだよ!こんなことに頭を悩ませている時ではない!そんなのはどうでもいいんだ!!!

 

私の夢は何だ!?そうだ!アーリーリタイアして、

 

「平日の昼間から ごろごろ~ごろごろ~。あ~あ。1億円が手元にあったらなぁ・・・ってもう持ってたわ!!!!」

 

っていうノリツッコミをすることだろ!!!思い出せ!!!

 

その夢に向かってBTCに投資してるのだ!!!禿げるから自己管理とか一旦忘れるのだ!!!

 

そんな夢をかなえてくれる今週のビットコさんの実力は如何に。

 

BTC結果発表

BTC価格:¥10,587,763

現在のトータルリターン:¥110,401,857

利率:366.28%

 

先週より1300万円ほど減りました。

 

えぇ・・・今週、こんなにもビットコイン様のこと思ってたのに・・・どうして・・・

 

でも、気づいちゃったんですが、もう何気に6月なんですよね。実は2024年の半分が過ぎてます。え?年末までもうすぐじゃね???

 

2024年の年末ってビットコ様は普通に右肩上がりで上昇してるだろうっていうのが界隈の共通認識であり、それが後6ヵ月で叶うのだ。

 

前々から言ってるけど、ほんと、この2024年の半減期が爆発的に上がるラストチャンスだと思ってるから、1BTC=1000万円の今でも十二分に参戦して良いと思うんだけどね。これが2021年だったら頂点で売り一択なんだけど、時代は2024年だからね。

 

もちろん、2028年の半減期にも期待はしてるけど、そこまで待つなんてナンセンス。まだ爆発的なバブルが始まっていない今こそが攻め時でしょう。しらんけど。

 

とはいっても、BTCはここから50%下落ぐらいは全然ありえるから、やっぱ人選ぶ投資先だなって。「S&P500がボラが激しい投資先」とか言ってる人は一生ビットコインに全力出して買えないだろうな。

 

私は50%下落ぐらいだったら全然あるよねー、で済ませられる(致命傷)ぐらいにイメージして生きてるからいいんだけど、普通の人は耐えられなさそう。やっぱBTCを無視するか、少額ちょっとだけ、全財産の5%を上限に今回の祭りを楽しむ、ぐらいでいいと思った。

 

でも今はお祭りだからね。お祭りって屋台でなんか買うじゃん。その感覚でまずは適当に買えば良いと思うけどね。その後、ビットコ中毒になって抜け出せなくなるかは、あなた次第です!

 

疑似BTC銘柄

 

全投資額:$135,073.47

現評価額:$149,252.60

現在のトータルリターン:$14,179.13

利率:10.50%

 

ふふふ・・・実は新しい銘柄を買っちゃいました!

SLNH」とかいう謎の銘柄を10万円分だけ、ポンっとね!お祭りだしね!!!

 

ツイッターで私が以前からこっそりお世話になってる「この人シッカリ考えてて凄いなー」リストの中の人がRTした先の人が先出ツイートしてた銘柄がSLNHです。(ややこしい)

 

RIOTに投資するの飽きてきたので、勢いで買ってしまいました。もうBTCマイニング企業ならなんだっていい!!!って感じで。※但し〇国系はなんとなく避けてる

 

じゃあこのSLNHってなんなんだYO!ってなるんだけど、一体なんなんでしょう!?教えてください!!!

 

とりあえず、ビットコイン関連であり、AIもなんかやってる会社っぽそうでした。そっかぁ・・・。

 

なんかマイニング関連企業はどこもAIやっててクリーンエネルギー使ってるって説明ばっかりでどこが何の会社かさっぱり分かりません。AIとクリーンエネルギーって書いておけば許される風潮が米国?にあるのだろうか。

 

で、財務状況は悪いらしいが、一発当たったらデカい!的な奴らしい。どれ、ちょっと過去チャート見てみるか・・・

 

 

草。なんだこれwwwwwwww

 

2000年も凄い株価だけど、その頃は全然違う事業してただろうから無視するとして、今現在が3ドル前後なんだけど、2021年のバブル時の頂点が377ドルって、100倍以上じゃないか!もちろん頂点の話だけど!!!これは期待してもいいのか・・・?

 

ってなわけで、10万円が100倍になったら1000万円です。税金ガッツリ取られたり頂点で売れないことを考えると6~700万円手元に残ると考えても割とニコっとしてしまいます。

 

あー。これは草コイン枠で使ってもいいかなぁって気になりました。

 

ということで、買ったんだけども、財務状況が悪いらしいのでガチで0になっても困らない程度にします。後、こういうのってブログのネタにもなって良いね。未知すぎてどのぐらい上がったか下がったかをチラチラ気になるのはGood!

 

というか、買ってから既に+30%超えてておいおい・・・ってなってる。下がったら後10万ぐらい出そうかともおもったけど、もう流石に辞めとくかなぁ・・・でも、後10万円ぐらいなら出しちゃおうかなぁ・・・

 

こういうのって面白くて、負けても10万~20万円が0円になる程度なので、生活に言うほど支障は出ないし、ニンテンドースイッチ2(仮)+ソフトを我慢すれば良い、で済むのです!我が子よ!Wiiで我慢してな!!!

 

それなのに一発あたって100倍になったら、生活に多大な影響がでるっていうの良いよね。

 

で、BTCは2024年末~2025年末までに爆発するやろ~ってなってる状況なので、倒産さえしなければ、謎の草コインやそこらの小型株よりマイニング株の方が夢見やすいと思うんだよね。株式だから税金も圧倒的にお得だし、草コインするなら小型マイニング全然ありじゃない?

 

うん?そうだよな。小型マイニング各社に10万円ぐらいを仮に5社投資したとして、4社が倒産して0%になっても、1社が50倍になったら500 - 40 = 460万円になるもんな。あれ、よくね?ちょっと小型マイニング株総なめで買ってもいいかも?

 

って思ったけど、私はもうMARA,RIOT,CLSK買ってるし、MSTRもあるので、まぁ、もう、いいかなぁ・・・めんどいし、儲けも分散されるし。

 

じゃあSLNHは倒産するの?どうなの?っていうと、私はもうこれ以上調べない。素人が調べたってなんもいいことない。投資って、下手に「理解してるふり」してるのが一番厄介なのだ。ビットコイン投資で学んだ。↓

 

 

上の図ってビットコインのヤツなんだけど、株式投資家でも結構似たようなこと起こってると思うけどね。下手にドヤると、ニュースとか見て「損切りしなきゃ!」とか「2番底は必ず来る!」とかあたふたしちゃって売り買いしてボロボロになるから。

 

でも無知はいいぞ!ニュース見ても、

 

あ、なんかヤバイの?でもヤバさの度合いが分からないし、ゲームして寝よ!

 

ってなるから、適当に放置できるのだ!放置してたら勝手に復活するのだ!!!

 

これが適用できるのがインデックス投資の良い所でした。今のビットコインも割とそういう顔してるので、基本放置してる。

 

ただ、草コインだと放置してたら惨敗した過去があるので、無知になって放置した方が良い銘柄は考えないといけない、という話だ。

 

うん?そうなると、今回のSLNHは草コイン枠だから・・・

 

 

 

【BTC】楽してお金儲けしたいだけなのに・・・

最近ビットコインのことを考えすぎてまた鬱っぽくなってきた。もし本記事でビットコイナーに対して不快な表現が入ってたらごめんなさい。

 

===

 

ビットコイン。すごいよね。今まで「1BTC=100万円以下になったら買う!」って人を複数見てきたんだけど、今もう1,000万円以上になっちゃった。

 

 

私は2020年組なのですが、当時から「ビットコインは電気使いまくりのゴミ」とか「いきなり90%近く下落して通貨として使い物にならない」とか色々言われていました。

 

それでも私はビットコインに投資しました。そもそも、「電気使いまくりガー」とか「通貨として使い道ガー」とか、全然どうでもいいんです。ただただ、法定通貨建てで、投資した資金より価値が高まればどうでもいいと思っていますし、今もそう思ってます。

 

そういう意味だと、投資対象が、いわゆる「草コイン」でも良かったことになるのですが、それはそれで「後ろ盾」みたいなのが「草コイン」には無いじゃないですか。「後ろ盾」というと、「企業が買ったから~」とか「国が買ったから~」とか「年金機構の一部に採用されたから~」とか「半減期最強!」とか、そういう「今後伸びる」であろう根拠の部分です。割とお気持ちだけど、立派な後ろ盾です。

 

ぶっちゃけ「法定通貨はお金をスリスリしてるから、確実に減価する」っていうのは、あんまり後ろ盾になってない。なぜなら、その理屈でいうなら株も不動産もゴールドも全部価値が高まるからで、私は元々株式(投資信託)派閥に所属していたので、その理屈で言えば、法定通貨さえ持っていなければ、別にビットコインじゃなくてもそうだよねって話なので。

 

じゃあ、なんでビットコインに投資したのかっていうと、単純に、上昇率が非常に高く後ろ盾も十分だから、ということになる。

 

ETFとか投資信託してない人にはピンとこないかもですが、BTCのボラは、あのS&P500の3倍レバレッジ銘柄であるSPXL並に出ていることが分かっています。

 

そうなると、バブル頂点時はとんでもない上昇力を秘めており、S&P500等のETF/インデックス投資なんか比べ物にならないぐらいの爆発力があることが魅力なのです。

 

そしてSPXLは暴落に非常に、非常に、非常に弱いが、ビットコインは4年周期で創造と破壊を繰り返して成長しており、今後もそれを期待できる確率が高そうと踏みました。要するに、ビットコインは暴落に強いんです。よって、SPXLに投資するならビットコイン!という面持ちで参加してます。以下3倍レバレッジ vs ビットコインの過去記事。

 

okometsubulog.hatenablog.com

f:id:okometsubu-blog:20210126164342p:plain

 

終結

  • SPXL:約9年 (2007-10-10~2016-07-26)
  • TECL:復活出来ず(2000-08-31~20年経過しても復活不可)
  • BTC:約3年(2017/12/16~2020/11/30)

 

 

私がビットコインに2020年に参戦しようか悩んでた時が1BTC=110万円で、口座開設で手間取ってる間に160万円まで上昇。ビビって少額ずつやってたら200万円を一気にこえてしまった時に、「乗るしかない!このビッグウェーブに!!!」ということで資産の大半をビットコインに賭けました。

 

で、「取引所」にてガチホしつつ現在に至るのですが・・・

 

そこに現れたのが「ビットコイナー」たちです。

 

さて、「ビットコイナー」というのは、なんか、「国は信頼できない!自分以外信じるな!!!そして自分も信じるな!!!」っていう人たちで、よく次のようなことを発信してます。

 

===

ビットコインを自分のウォレットに持たないヤツ(笑)。今は良いけど、取引所にビットコインを置いてた場合、国が豹変したら終わるからね?危機感持と?

===

 

と、このように、ノーコイナーや取引所保管勢にプレッシャーを与えてきます。

 

なんだ・・・?取引所に置きっぱなしの何が悪いんだ?

 

株だって買ったら証券会社に置きっぱなしだろ???

 

・・・なんと、ビットコインは置きっぱなしにするような代物じゃないようでした!

 

ビットコインはそもそも、自分で管理して国からの悪意ある行為から身を守ろう!というのができた由来であるため、取引所に置いておくのはその理念と真逆の行為であるという。

 

事実、世界の歴史をたどると、いかに国が国民からチューチューしているかを「ビットコイン・スタンダード」の本で知りました。

 

読んでみると、なるほど確かに国というのは中の人が好き勝手やって市民のお金をこっそり巻き上げてるというんだからたまったものではありません。それに対抗するためのビットコイン、そのための自己管理、ということは理解できました。国も信用できなければ、取引所も信用できません。自分のビットコインは自分で持つ時代になったということだ。

 

らしいです。

 

そうなのかー。

 

えー。面倒だけど、せっかくだし、自分のウォレットで保有するかぁ・・・となって、なんとなく自己管理について調べ始めると、色々大変なことが分かってきました。

 

自己管理めんどい

  • 信頼できるHWW(※Cold Card Walletがコイナー的に激押しっぽそう)を買う
  • シードフレーズを控えるが、紙はご法度。金属板を買って掘ろう!
  • 複数の貸金庫を使って地理的分散で金属板(シードフレーズ)を保存しよう!
  • HWWは使わないなら破壊した方がより安全!
  • 定期的に取り出して送金チェックもしようね!
  • etc.etc...

 

えー・・・めんどい・・・

 

どうやら私は何かとんでもない世界に足を踏み入れてしまったと思ってしまったわけです。なんだよ金属板と貸金庫って。我が人生で一回も使ったことないぞおい!!!小市民はそんなに貴重なもん持ってないから使う機会ないYO!!!

 

当初は「投資信託」→「BTCという名の雑所得が辛い投資先」ぐらいにしか見てなかったため、買ったら取引所で放置=株も証券会社に放置だから似たようなもんだよね。って感じで始めました。

 

それが一変して、国が豹変したら大変なことになるから自己管理しないとダメな世界に足を突っ込んでしまったのです!

 

まぁでも、株式は預ける以外できないことに対して、ビットコインは放置 or 自己管理の2択だから、選べる権利を得られるのは嬉しいと言えば嬉しいか・・・

 

でも自己管理は全然楽じゃありません。こだわると終わりの無い世界。その苦労はビットコイナーも認識してるようで、それがあるからこそ「価値」がある、というのも納得です。それを証明するかのように、「価値」があるからこそ、法定通貨建てでグングン値段が上がっていることから見て取れます。

 

そして更に調べると、自己管理してセルフGOXした場合、セルフGOXを証明することができなければ一族無限に相続税が発生する疑惑が私の中で浮上しました。それを記事にまとめたのが以下。

 

okometsubulog.hatenablog.com

実は2022年ぐらいから相続問題あるよなぁ・・・って過去記事でコソコソ書いてたのですが、無限相続地獄についての記事を書いたのは先週が初めてだったりします。正直こんなことあってたまるか!って認めたくなかったので書くの躊躇してた部分です。

 

で、ありがたいことに、上記記事はとてつもなく反響があり、界隈で有名な方々が、それっぽくツイッターとかでなんとなく、ぽちぽちコメントしてくれてるっぽいものを観測しました。そのビットコイナー達の意見をまとめると、次のようなものでした。勝手に想像して補ってる部分があるのでご留意ください。

 

実際、相続無間地獄についてどう思ってるの?(※私調べ多分こんな感じ)

  • 国が信用できるならいいんじゃないの?国が豹変しなかったら良いね!
  • 判例はないけど、そこまでひどいことにならないんじゃない?(※ここ国をトラストしてない?)
  • そもそも「国に把握されている資産」の話だから、把握されないようにすべき!
  • 相続のことなんだから、家族みんなでしっかり勉強しようって注意喚起するのは当たり前の話だと思うんだけど・・・家族でちゃんと相談して、どうぞ。

 

もふん。

 

話が更に一段階上がってしまいました。楽してお金儲けしたかっただけなのに、なぜか国とのバトル物に一気に早変わりしてしまいました。幽遊白書かな?

 

結局、ビットコイナーのツイートを見る限り、「国に把握されていない資産」にするしか無限相続税を回避する術は得られませんでした。

 

じゃあ「国に把握されていない資産」ってなると、よくわかんないし、やっぱり国とのバトル物になるじゃないか!ってなってる。※実際はどうか知らない

 

なんなんだよもぅ・・・「国に把握されてない資産」って、なんかもう、グレーじゃないっすか・・・。

 

なるほど、これがビットコイナーの闘争本能の源なんだろうなぁ・・・(※適当書いてます)

 

ここからは私の想像で書くのですが、家庭持ちの私が「国に把握されてない資産」を仮に作ったとして、相続先の子供が今度は「国に把握されてない資産」を「把握されない状態」で「今後も管理」することになるじゃないですか。途中で把握されたら終わりのデスゲームの開幕です。

 

なんかもう、相続税逃れっぽい雰囲気するし、逃れた資産を子供に託すって・・・だめだ。自分には絶対無理。吐きそう。

※ここ完全に勝手な想像であり、「国に把握されてない資産」は実際は個人が持つ当たり前の権利なのかもしれません。実際それっぽいコメントを多々みました。そのため、ここまで深刻に考える必要が無いかもしれませんが、それでも子供はどうやっても巻き込まれるだろうと妄想が離れない感じがしてもうだめなのです。

 

なので、私は結局、多分全部国にオープンにする。ジャンピング・土下座だよ。体制に取り込まれた哀れな小市民だよ。でもこれは「株/債券/ゴールド(ETF)とか」やってる人もすべからく同じ立ち位置なんだけどな!!!!ガハハ!!!!

 

別に私はビットコイン持つことで国から逃れたいとか、そういうこと言ってるわけじゃない。ビットコインを持つ本来の意味はそういう国とのバトル物用途なんだろうけど、私はSPXLより安全で上昇率半端ないから好き!って所から入っただけなのだ。

 

ということで、キワッキワにビットコイン(現物)を運用する場合、明らかに国とのバトルが始まるし、法律を知らないとあっという間に国の偉い人達にボコボコにされて人生終わりな未来しか見えないし、子供/孫と我が一族代々続く戦いが始まるのも見所の一つだ。

 

え?! なんで私、楽してお金儲けしたいだけだったのに、国とバトルするかどうかになってるの!?って今ちょっと笑っちゃった。

 

そうなってくると、バトルする/しないに関わらず、法定バトル物よろしく、税金に関する法律やら、なんか、こう、そういう法律?に詳しくなるための修行が必要になります。なぜなら、法定バトルなので、法律詳しくないと戦えないし、巻き込まれた時に論理武装および事前に提示できる証拠とか、なんか、そういう感じのを整えた方がいいからです!(あやふや)

 

あと、法律だけじゃなくて、ビットコインの使い方、送金方法とか、今だとライトニングネットワークとかもそうか。そういう基礎知識も身につけないといけません。

 

特定口座じゃないので雑所得扱い。税金計算も全部キッチリ記録を付けなくてはなりません。

 

ビットコイナー達がいかに優秀で努力家か分かりました。色々勉強して、問題なく戦える武器(知識/知恵)を蓄えてるんだろうな。そうじゃなかったらツイッターというオープンな場で堂々と色々発言しないでしょ。戦う準備が整ってるから「自己管理最強!」って今日も伝えてきてるのだろう。

 

私は平穏な日常が欲しいだけなのだけれども、ビットコイナーからしたら逆で、「戦うことで平穏な日常を勝ち取れる」って思ってるはず。やっぱそこまで到達するには法律勉強しないと無理だなぁ・・・

 

ようするに、

 

面倒だから国にまかせて、法定通貨稼いで適当に生きるわ~」

 VS

「国なんか信用ならん!いつ食い物にされるか分からない!自分の命は自分で守れ!」

 

の、どっちに付くかって話だ。

 

この話って株式投資家/不動産投資家とか日本円主義者とかは前者、ビットコイナーとゴールド(現物)派が後者って位置づけだと考えていて、やっぱそう考えると日本国内に限定した人口比率で見たら「95% VS 5%」ぐらいなんだろうなぁって思ってしまった。圧倒的に前者の方が多いでしょ。NISA流行ってるし。最近。

 

そう考えると、投資信託ETFとか株だけでリタイアしてるあの人もこの人も、預金封鎖社会になったら全員アウトの位置づけになるのだから面白い。絶対正義のインデックス投資ビットコイン(現物 - 自己管理)に敗れるのだ。

 

なので、「国が豹変する」発生率と、発生した時のダメージがどのぐらいかっていうので決めれば良いと思う。

 

ビットコイナーはガチで優秀な人ばっかりなので、割と近い内に、そうなる未来が見えてるから、あんなに強気発言してるのかな?って思ってる。あそこ迄攻撃的に普通ならないじゃないですか。ってことは、強気=確信度が高いからってことだろう。怖いけど仕方ない。

 

小市民の私は「国が豹変する」発生率がピンとこないから、ビットコインを自己管理できない理由の一つになってる。

 

ただ、豹変した時のダメージは分かる。預金封鎖リスクみれば90%ぐらい取られるってのは過去記事で知った。でも結局「国に把握されてない資産」にはしない予定なので、私はたとえ自己管理してたとしても、奴隷よろしく自己管理している資産も財産税に換算して払うことになるだろう。

 

でも、そうなったら自己管理メリット、分散保管メリットしかないんだよね・・・

 

え?だってほかにある?自己管理するメリット。妻子持ちはほとんどないんじゃない?分散保管できるのは結構メリットだけど、それぐらいじゃないの?

 

口座凍結リスクや国が豹変は可能性あるけど、自己管理してセルフGOXするリスクもあるからそこはイーブンじゃない?

 

ハッキングリスクも自己管理してても可能性あるし、取引所も可能性あるからイーブンじゃない?発生率とダメージの比重は当然異なるけど。

 

そうなると、いろんな人の、いろんな意見を本やツイート、ブログやラジオ、私がなんとな~く調べられる範囲で見ても、やっぱり自己管理メリットが乏しすぎるんよ・・・

 

結局、どっちもリスクがあってどっちもそれなりにダメージを負うっていうのは分かってて、国がいつ豹変するか分からないし、豹変しないかもしれない。全振りしないまでも、分散で良い具合に生きていくしかないのだ。

 

正直、私がとてつもなく恐れている無限相続部分、本当にそうなる可能性があるのか良く分かんないし、そもそも判例が無いから全然分からない。多分まだ誰もわかんないんじゃない?

 

法律詳しい人とかはある程度想像はできてて、「いや大丈夫やろ」ってなってるのかもしれないけど、国税庁のコメント見る限りはセルフGOX=無限相続ってなってるじゃない。ただ、国税庁の発言は絶対正しいというわけではないらしく、が正しいかどうかの論点から始まるって話らしいのは分かった。

 

であるならば、結果は裁判やらないと分からなくない?なんでビットコイナーはそんなに自身満々ニキなんだろう。あんまりガチコイナーの人で危機感持ってる人みたことない。確か国税庁コメントも2021年とか結構年数経ってるのに特に反論とか無いからある程度世の中の流れ的にそれが確定しても不思議じゃないと思うんだけど・・・

 

なんでだろ・・・よし!分からないんだったらちゃんと調べよう!ってなると、小市民は法律勉強する所からスタートになるので、割とクソゲーなんだよね。

 

私ゲーマーなんだけど、ゲームって、始める際にマニュアルとか事前知識とか、知らなきゃいけないコストが多ければ多いほど、参入困難で誰も手に触れない可能性があるのよ。反面、一度覚えたら神ゲーになる可能性があるから、コアなファンは残るわけで。

 

で、その自己管理の最初の一手目が「法律勉強しよう!」はハードル高須クリニッククソゲー待ったなしという感覚。クッソ頭が良い人じゃないと無理だよ。そういうの苦にならない人、元々法律勉強するのが大好きな人、国が嫌いで嫌いで、その嫌いエネルギーで勢いで法律覚えちゃう人、そういう特殊な人じゃないときついよ。

 

結論として「超人」もしくは「超国嫌い」しかプレイできないゲームだった・・・。

 

楽してお金儲けしたいだけだったのに・・・

 

 

 

あ、話は逸れて、ツイッター眺めててちょっと頭に来たのが、

 

相続怖いなら家族にビットコインを詳しく説明すればいいのに・・・(鬼畜ロボ)

 

みたいなコメントを見かけた時。

 

はぁ・・・これだから超人ビットコイナー共は・・・

 

我が家の場合ですが、家族は誰一人パソコンに詳しくなく、投資についてもお金儲けは嫌いな「現金派」であり、労働に重きを置くタイプの、いわゆる普通の日本人の感覚です。

 

そんな家族に、電子ゴミであり、子供銀行口座であり、電気使いまくりの世界の敵であるビットコインを知ってもらう所から苦行も苦行なのです。というか子育て中にビットコインの話とか愚の骨頂なんですよね。

 

そんなお金儲けの話してる暇があったら育児/家事全般もっとやれ!!!

 

って言われます。当たり前だよなぁ!?

 

・・・え?我が家だけ???嘘だろ????????

 

嘘・・・ビットコイナーの妻って、優しくて理解力があって自己管理も一緒に責任を負ってくれて美人で包容力があって失敗したら優しく慰めてくれてちょっと寂しい夜には添い寝してくれる究極生命体なの!?!?!?!?!?!?

 

鬼畜ロボにマウント取られました。頭にきますよぉ!!!(※被害妄想)

 

でも実際の所、家庭持ちは妻に理解してもらうのってもう、極上に難易度高いと思うんだけど・・・

 

更に詳しく教えようにも、子供いたら家族にビットコイン詳しく教える時間取れないし、正直、私もビットコインなんか家族内で話してる時間があったら子供と遊びたいし、ビットコインなんて、たかが貨幣の価値を保存できる究極の媒体ってだけでしょ?そんなものに時間を割くのってなんかもったいない。家族と楽しく過ごす時間の方が魅力的なんだけど・・・

 

というか、私自身が「自己管理否定派」だから教える熱量もあんまり・・・というのはあるんだけども。

 

まぁ、それでも頑張って妻にビットコインを認めてもらうじゃないですか。ある程度ビットコインって良い物だな~って理解してもらうまでは良いと思うんですよ。

 

その後の自己管理の説明が非常に、非常に大変です。最初に述べたように我が家の妻はパソコン苦手です。ウォレットなんか持たせたとして、

 

あ、そこに日本円にして数千万円入ってるから、無くさないようによろしくゥ!

 

みたいに言ってごらんなさい!

 

は?そんな危ない物捨ててさっさと現金(日本円)にしろ!!!

 

って言われるのが落ちじゃないですか。

 

それでも懇切丁寧に自己管理した方が良い!と、2,3年掛けて延々語った結果、夫婦仲が悪くなって離婚になるかもしれないじゃない。なんでビットコイン如きで夫婦仲がこじれなきゃいけないんだ・・・

 

更に更に、自己管理の理解を得られたその後は、自身で管理する重さを背負ってもらう必要があります。正直、投資無関心勢の妻にそこまでの重荷を背負わせるのは流石に抵抗がありますが、相続を考えると切っても切れない関係なので、背負ってもらうしかないんですね。

 

よって、自己管理すると、なぜか国とのバトルに発展する可能性が家族にも及ぶことになるのです。我が家はジャンピング土下座スタイルなので発展しない可能性の方が高いと思うけど。

 

私自身が、なぜ国とバトルする展開になってるのか理解しがたい状態の中で、正直説明できません。一般人はやっぱ無理筋だよこのゲーム・・・

 

その他に、自己管理は老化問題もあります。これは家族に限った話じゃないけど、老化で物忘れが激しくなってウォレットから引き出す方法忘れたらガチでアウトです。なので、家族がいる時点で相当危ういし、自分だけでも、中年になったら危機感持った方が良いと常に思ってます。

 

定期メンテも必須です。最低1年に1回はウォレットのチェックを行わないといけません。というか、怖くてやらざるを得ません。ウォレットのアップデートだのなんだのも必要になるでしょう。破壊してたら新しく買ってシードフレーズを入れたりして検証も必要です。というか1年に1回はシードフレーズによる復旧検証もした方がいいので、ウォレットは2台あったら便利そうです。コストも嵩みます。

 

当然、妻にも定期チェックに参加してもらいます。それ言ったら多分、とてつもなく冷たい目で、家畜を見るような目で見てくることになるでしょう。助けてください。

 

理解ある妻を迎えた人は幸せでしょう。でもそうじゃない夫婦もいることを頭に刻んでからそういうこと言って、どうぞ。

 

頭に来たので興奮して書いた。後悔はしてない。優しくて理解がある妻がいて羨ましいとか思ってない。

 

そんなビットコイナー、そもそもなんでこんなに注意喚起してくれてんの?

 

ツイッターで何気なく良い情報を発信してる人、ブログやラジオ、動画配信をして積極的に普及活動してる人、とにかくビットコインの良い所をアピールしまくってるじゃないですか。なんで???

 

むしろ、自己管理してるビットコイナーであるならば、ツイッターやってる場合じゃなくて、自分をもっと隠さないとダメなんじゃないの?ツイッターでボロがでるかもしれないじゃないですか。そういうリスクを負ってまでなんでツイッターやってるの?

 

草コインなら、宣伝すればするほどお金が入ってくると思うんだけど、ビットコインって別にそういうのじゃないのに、なんでこんなに宣伝もするし、素晴らしいものだと伝えてくれるのでしょうか。

 

いや、だからこそ、そんなビットコインだからこそ、「自己管理をしよう」って部分は善意のアドバイスだと思えるので、実際やった方が良いだろうなって気にさせられます。

 

そういう思いもあって、じゃあ自分もやった方が良さそうかなって頑張って理解しようと悶々としてるわけです。(イマココ)

 

なんだけど、結局無限相続地獄編が頭から離れないし、それを回避したとしても、こんどは国との法定バトル編がセットで待ってて確実に子供が巻き込まれるのは明白なので、

 

「うーーん・・・多少は現物もいいけど、基本ETFでいいか!あれば!」

 

っていう発想にやっぱりなるんだけど・・・本当にそれでいいのか?と悶々と悩む日々です。

 

苦しい。なぜだ。なんだかビットコイナーに押し込まれている気がする。ただビットコインを買っただけなのに・・・!

 

 

 

 
 

FundingRateから見るBTCバブル確認(2024/6_2週目)

辞めたいけどネタが無いので続けてるヤツ

 

okometsubulog.hatenablog.com

 

Funding Rate積み上げグラフ

某ナンスのFRです。試算を始めたころからの積み上げとなっています。ショート側で入った際にどのぐらい儲かったかを示すグラフです。

 

 

はい。