【まとめ】過去シミュレーション結果置き場

こんにちは。okometsubuです。

 

ここは今まで検証した数々のゴミの山 「検証結果」をまとめたリンク集となります。

 

気が向いたら随時更新予定。

 

ただ、私がズボラなので記事のリライトはほとんど行っていませんので、当時の検証結果を見た私の考え方とその後の検証結果から等で今の考え方は全く異なってくることをご了承下さい。

 

尚、レバレッジ商品について金利は考慮していないため、高金利化が進むにつれてパフォーマンスが劣後する可能性はあります。

 

 

・・・まとめてみたら全然まとまってない程見にくい。あんまり有効に機能しなかったらこの記事自体後で削除します。

 

 

 

 

ぼくがかんがえたさいきょうのなにか

【iFreeレバレッジ】ぼくがかんがえたさいきょうの比較的安全に資産を得る方法【RPAR】 - 日々の生活をがんばるブログ

【攻略】楽天カード1%ポイントを比較的安全に高利益で入手する方法【楽天証券】 - 日々の生活をがんばるブログ

 【超安全PF】解約した個人年金の5%をビットコインに投資します【既に10%投資】 - 日々の生活をがんばるブログ

  

 

ビットコイン関連記事

【BTC】最強!バランス型ポートフォリオにビットコインを追加しよう!【検証】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】対決!ビットコインバブル VS 3倍レバレッジ(リーマンショック編) - 日々の生活をがんばるブログ

【Bitcoin】対決!ビットコインバブル VS 3倍レバレッジ(ITバブル崩壊編) - 日々の生活をがんばるブログ

【仮想通貨】Bitcoinについて色々まとめます【自分用】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】過去のビットコインの暴落頻度を確認します【逆張り調査】 - 日々の生活をがんばるブログ

【最強】ビットコインは積立投資でも億万長者を狙えました【BTC】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】IVV(S&P500)を全部売却してBTCへ積立投資したらどうなるか検証します - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】お金持ちになりたいなら株に固執しすぎないで新しい視点を持とう!【ビットコイン】 - 日々の生活をがんばるブログ

【TECL】ビットコインはレバレッジETFと異なりナンピン買いの重要度が低い【SPXL】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】ビットコインはストーリーが分かりやすいから投資しやすい【初心者向け】 - 日々の生活をがんばるブログ

【米国株】税金先延ばしのためのショートについて考えます【雑記】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】改めて仮想通貨取引所についてまとめます - 日々の生活をがんばるブログ

【先物】デルタニュートラル戦略は放置が難しい【BTC】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

アルトコイン関連記事

【仮想通貨】BTCとBNBを簡単に比較します - 日々の生活をがんばるブログ

【TLM】無料でもらった草コインを売るタイミングを検討します【BNB】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

 

オールウェザーポートフォリオとRPARについて

リスクパリティPF(RPAR)はオールウェザーポートフォリオの代わりになるか - 日々の生活をがんばるブログ

対決!オールウェザーポートフォリオvsRPAR(リスクパリティPF) - 日々の生活をがんばるブログ

【RPAR】疑似データでリーマンショック時の動きを確認します【レバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

本当にRPARに投資していいか最終チェックをします - 日々の生活をがんばるブログ

疑似RPAR1.5倍レバレッジを1000万円程購入しました【オールウェザーポートフォリオ亜種】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

【BTC】最強!バランス型ポートフォリオにビットコインを追加しよう!【検証】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

対決!本物のRPAR vs 疑似RPAR vs S&P500(IVV)!【リスクパリティポートフォリオ】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

以下からレバレッジ商品に関するまとめ。筆者が既にレバレッジ商品を全部ビットコインにスイッチしてしまったので過去の参考程度として見て頂ければと思います。

 

RSIを用いたリバランスタイミング調査

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その1(TQQQ_TMFリバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その2(TQQQ現金リバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その3(SPXL_TMFリバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その4(SPXL現金リバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その5(TECL_TMFリバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その6(TECL現金リバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その7(TQQQ微調整編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その8(SPXL微調整編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その9(TECL微調整編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

SPXLとTMFリバランスについて

【3倍レバレッジ】SPXLとTMFを疑似データを使ってリバランス検証します_その2(VUSTX編) - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLとTMFを疑似データを使ってリバランス検証します - 日々の生活をがんばるブログ

SPXLとTMFリバランス効果を検証します_その1(金利上昇期編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

SPXL等レバレッジ商品とドルコスト平均法についてまとめ

【3倍レバレッジ】SPXLは積立投資で輝けることを証明したい!その1(暴落時積立編) - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLは積立投資で輝けることを証明したい!その2(暴落5年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLは積立投資で輝けることを証明したい!その3(暴落10年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLは積立投資で輝けることを証明したい!その5(vs疑似TECL編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

【QLD】iFreeレバレッジNASDAQ100への投資方法について検証します【NASDAQ100】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】積立投資がレバレッジ商品に向いているか検証します【SPXL_TECL_iFreeレバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL_SSO】世界恐慌時に毎月積立投資をしたらどうなるか確認します - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジと「ノーセルバリュー平均法」検証記事。ドルコスト平均法改良版

【SPXL】ノーセルバリュー平均法(少額投資)の方法を記事にしてみた - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その1(直近暴落編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その2(暴落5年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その3(暴落10年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その4(暴落15年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その5(暴落20年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VSドルコスト平均法その6(直近暴落10年分割編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VSドルコスト平均法その7(暴落5年前_10年積立編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VSドルコスト平均法その8(暴落10年前_10年積立編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

対決!ノーセルバリュー平均法VS現金リバランスその1(直近暴落編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VS現金リバランスその2(暴落5年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VS現金リバランスその3(暴落10年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VS現金リバランスその4(暴落15年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

【SPXL】ノーセルバリュー平均法の条件を変えて軽く検証します【読者様条件】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

VIXを用いた投資方法

【SPXL】VIXによるタイミング投資を検証します - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】VIXによるタイミング投資を検証します_その2(TMF_TQQQ等編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

【レバレッジ積立】VIXを用いた積立額変更運用について - 日々の生活をがんばるブログ

 

SPXL現金リバランス(※過去記事なので荒い)

【SPXL】対決!ナンピン購入VS現金リバランス!その0(プロローグ編) - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL】対決!ナンピン購入VS現金リバランス!その1(長期運用編) - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL】対決!ナンピン購入VS現金リバランス!その2(絶望投資編) - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL】対決!ナンピン購入VS現金リバランス!その3(リバランス調整編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

つみたてNISAは実は積立ではなく、一括投資を20年間保有しているものであるという考え方

【つみたてNISA】積立先を世界株式に変更するべきか検討します - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

SPXL:VOOにおけるリバランスについて

【SPXL】リバランス運用は現金よりVOOの方が若干有利かもしれません!【毎月リバランス】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

リバランス時期調査。長期リバランスしない方が結果は良かったが、運次第なので微妙な記事

【SPXL】現金リバランス間隔は何ヶ月まで延ばせるのか? - 日々の生活をがんばるブログ

【日経編】現金リバランス間隔は何ヶ月まで延ばせるのか?その2 - 日々の生活をがんばるブログ

【TECL編】現金リバランス間隔は何ヶ月まで延ばせるのか?その3 - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジと「順張り投資」検証編

【レバレッジ】SPXLやTECLは順張り時で購入すべきか検証します【落ちたナイフ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】SPXLを第1次オイルショック時に順張り投資したらどうなるか確認します【続き物】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】SPXLをベトナム戦争頃の暴落時に順張り投資したらどうなるか確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【S&P500】大暴落時の底から1年後に順張りをした場合の株価を確認します - 日々の生活をがんばるブログ

 

ドルコスト平均法における「順張り」 VS「逆張り」まとめ

【和製バフェット手法】対決!ドルコスト平均法順張り積立VS逆張り積立(IVVorQQQ) - 日々の生活をがんばるブログ

【和製バフェット手法】対決!ドルコスト平均法順張り積立VS逆張り積立その2(SPXLorTQQQ) - 日々の生活をがんばるブログ

 

成績の良い銘柄に常に投資した場合の末路

【和製バフェット亜種】成績上位5種集中投資法を検証します - 日々の生活をがんばるブログ

 

疑似SPXLの暴落頻度調査

【SPXL】過去のSPXLの暴落頻度について調べます【購入タイミング調査】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

SPXLやTECLがSEC介入により償還や3倍から1.5倍値動きになった場合の対策まとめ

【3倍レバレッジ】SPXLやTECLが無くなったらどう行動すればいいのか!?【iFreeレバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】CFDはSPXLやTECLの代替となりうるのか?!【5倍レバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLやTECLが無くなったらどう行動すればいいのか!?【2040ダウ平均レバ編】 - 日々の生活をがんばるブログ

【償還対策】CFDはSPXLやTECLの代替になり得るか改めて考えます - 日々の生活をがんばるブログ

【償還対策】信用取引で値動き3倍を実現可能か確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【CFD】元本レバレッジを積立投資したらどうなるかシミュレーションします【SPXL】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

 

TECLとSOXLがITバブル時にあったら償還されると思われる記事

【3倍レバレッジ】TECL対SPXL大暴落麓決戦!【リーマンショック】 - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SOXLについての過去暴落時を疑似検証します!【リーマンショック】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジは「減価」だけじゃなくて「増加」のメリットもある

【調査】レバレッジの複利効果の疑問について解消します【算数レベル】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

過去の暴落時期にレバレッジ投資していたらどうなるか編

【SPXL】今回の暴落が1970年台型だった場合の状況をシミュレーションします【3倍レバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】当時のリーマンショック時のダウ平均を改めて確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL】リーマンショック時の暴落期間を改めて確認します【90%減】 - 日々の生活をがんばるブログ

世界恐慌が発生した場合をシミュレーションします(S&P500編) - 日々の生活をがんばるブログ

世界恐慌が発生した場合をシミュレーションします(SPXL編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジ商品をある程度利益を得たら売却もしくは等倍商品にスイッチした場合の結果

・単純に売却しただけの場合

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その1(世界恐慌編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その2(ベトナム戦争編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その3(ITバブル崩壊編) - 日々の生活をがんばるブログ

・売却後S&P500にスイッチした場合

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その4(世界恐慌S&P500編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その5(ベトナム戦争S&P500編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その6(ITバブル崩壊S&P500編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その7(平常時編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

FANG+についての検討記事

【等倍】FANG+を積立投資したらどうなるか確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【2倍レバレッジ】FANG+2倍レバレッジを積立投資したらどうなるか確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【FANG+】過去暴落時のFANG+の結果を銘柄を減らして検証します - 日々の生活をがんばるブログ

【滅亡フラグ回避】iFreeレバレッジ FANG+投資先であるETNについて - 日々の生活をがんばるブログ

 

セゾン・グローバル・バンガード・ファンドについてのドルコスト平均法結果

【積立】セゾングロバラとドルコスト平均法の相性は残念な結果でした - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジと乖離についての検証記事

【TECL】乖離が発生したらどうすればいいかをまとめました【放置でOK】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

金利についての所感、感想

【SPXL】過去の超金利高の時の株価を調査します【雑談】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

株主優待クロスと時給換算

【働くお金】株主優待クロスを時給換算で考えます - 日々の生活をがんばるブログ

 

株主優待でもらって地味にうれしかったもの(※自分用備忘録)

今まで株主優待で貰って嬉しかったものを列挙します - 日々の生活をがんばるブログ

 

人生におけるレバレッジ比率についての考え方

SPXLは1.75倍レバレッジが最適らしいが私が投資を辞めない理由 - 日々の生活をがんばるブログ

 

高配当株再投資戦略を最初から目的としてはいけない理由

SPYDや高配当株の配当再投資戦略なんてお止めなさい【お節回】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

 

 

f:id:okometsubu-blog:20200724142416j:plain

 

【BTC】電力消費量増加は人が性悪である限り起こる【環境破壊】

こんにちは。okometsubuです。

 

この記事は私が今思っている事であり、真のビットコイナーから見たら突っ込みが入りそうな内容ですが、今現時点で私が感じていることをダラダラ書きます。

 

最近ビットコインに対して「環境破壊だから悪!」が声たかだかに聞こえてきています。まぁ他にもヘイト活動を受けているので色々あるのですが今回は電気使いすぎ問題について。

 

まず結論からお伝えすると

 

ビットコインが電気を大量に使わざるを得ないのは人の心が性悪であるから

 

と私は考えています。

 

結局人の心が「」であり続ける限り、ビットコインは成功するし、電力を大量に消費するということです。

 

さて、最初にその理由について書く前にビットコインの電力消費についてヘイトを和らげる情報を一つ。

 

まず現在の発電施設ではすべての電気を送信しているわけではなく、需要が無い電機は「破棄」されている状況にあります。超簡易的に言うと100%の発電した電気の需要が50%しかない場合、その残り50%は「無駄」に終わる可能性があるということです。

 

で、ビットコインの登場です。

 

この破棄するはずの電気を「マイニング」で利用しているということです。どういうことかというと、発電施設のそばに「マイニング装置」を置き、本来破棄するはずだった「電力」をマイニング機器に当てはめるのです。これにより先ほどの例だと50%破棄されたものがマイニング機器で使われることになるため非常に効率的に動かせるとか。

 

で、これはよく言われている「クリーンエネルギー」でビットコインを動かしているというものです。但し、消費電力は物凄いかかっているのでそこは環境に良くないのはごもっともです。間違いなく消費電力は物凄いです。ただ、再生可能エネルギーを多く使っているという点も加味して欲しいなぁと思わなくはない。

 

この再生エネルギー、2021年3月の時点だと確か74%が再生可能エネルギーで賄っていると聞いたことがありますので、相当効率のいい使い方をしていると言われています。

 

そして世の中がビットコインの電力に対して不公平だと感じるのは、そもそも既存の金融システムにおいても膨大な機器やネットワーク、人件費や土地代、設備費、警備コスト等々の多大なるエネルギーとビットコインの消費電力を比べて批判していない点がかなり不公平だなと感じている日々です。

 

そうです。そこで話が戻るのですが、なぜビットコインはこんなに電力を消費しなければならないのかという話に戻ります。

 

つまるところ、ビットコインとは人種に依存せず、土地に縛られず、国家間の対立に縛られない、だれでも取引可能であり、限りなく平等であるコインであるということです。

 

ビットコインは非中央集権であり誰の管理下にも置かれませんし置くことができません。誰もビットコインに対して不正が出来ず、どの国家から見てもどのような人から見ても改ざんできない仕様になっています。

 

もちろん、開始当初のノード数が少ない時期だったら可能だったかもしれませんが、今現在Google時価総額が追いつきそうな昨今、現実的には不可能という所まできており、もはやアメリカや中国が全力を出してもそのシステムそのものを止めることはできません。

 

で、これを実現するためにビットコインは電力を大量に消費する「PoW」を採用していることにあんります。

 

PoWについてはググってもらった方が良いですが、ようするに非中央集権型でありマイナーが取引が正しいことを証明するために非常に多くの計算量を必要とすることを求められる方式ということです。その計算量に電力を大量に使われます。

 

ようするに、「非中央集権」であり「上限2100万枚」を完璧に保障し、「誰の手からの改ざん」が出来ないようにするにはこの方法しか無かったということです。

 

何故そこまでしなくてはいけないかというと、人は常に性悪であり必要に応じて改ざんできる状態にあったらまず間違いなくするからということです。

 

法定通貨もコロナショックがあってから大量にドルやら円やらとにかく刷りまくりました。それにより知らず知らずのうちに自身が持っている円やドルの価値が下がっているのです。つまり、国や政府等の「中央集権」で管理されており、いつでも改ざん可能です。いくらでも操作できますから。

 

対してビットコインは改ざんは不可能であり、そこに国家の陰謀や資産家、富裕層が意図的に自身の都合のいいように改変できないということです。だからこそ、人々はビットコインを信頼し、自信の資産をBTCに変換しているのです。

 

ここまでしないと人の心の弱さ、悪質さから資産を守ることができない以上、自然破壊は悪と言い放つ人類や私も含めて皆が皆「性悪」なのだからビットコインを批判することはまた、人類を批判することに他ならないということです。

 

・・・自分で書いてて極論すぎて怖い。なんだこの思想家みたいな文書!?

 

まぁようするにブログの記事のネタが無いのと、昨今の「環境破壊で悪」発言が目に余ったので書きましたと言う感じです。そもそも再生可能エネルギー使ってる部分を上手くごまかされている点の時点でモヤモヤしちゃいますね。

 

そもそもアルトコインとかの「送金が早い」とか「消費電力が少ない」とかは中央集権コインだったり、そもそものノード数が少ないのでそりゃ送金早くなるし消費電力も少ないよねってなります。結局「消費電力や送金速度」と「信頼性」はトレードオフということです。

 

超ザックリ言えば、最も信頼性があるのは「消費電力」が凄いビットコインがトップであり、他のアルトコインは「ねずみ講」であると言えるかもしれません。世間では逆にビットコインが「ねずみ講」と言われているのが面白いです。私はその認識が逆転する4~8年後にビットコインが真の勝者になっていると思っています。まだその認識は世間一般層まで届いていない。つまりまだBTCは「買い」です。(※突然の投資家目線)

 

あ、ちなみに私はクッソ素人なので本当に自身が感じている感想レベルで書いてますので間違ってたら情報頂ければ・・・(※毎度の予防線)

 

というわけで、まとまりが悪い中アレですが今回はここまでと致します。

 

f:id:okometsubu-blog:20210417224109j:plain

 

【BTC】MSTR,MARA,RIOTの値動きについて改めて確認します【2021/4】

こんにちは。okometsubuです。

 

最近久々にBTCはATHしました。が、その後また落ちたり色々暴騰しきれない雰囲気に苛まれております。

 

そんな中、最近ビットコイン関連銘柄達の元気がありません。少なくともBTCがATHしたのだからそのぐらいは伸びて欲しいのにという思いがあります。コインベースが上場したからそちらに資金が吸われたとかMARAは役員が利確のために株を売ってるとか色々噂が飛び交っていたり飛び交ってなかったりしています。

 

ということで、そもそもビットコイン関連銘柄でかつ私が保有しているMSTR,MARA,RIOTがBTCと比べてどのように価格が動いたかを振り返りたいと思います。

 

この話は過去にも何度かやっていますが、最近元気が無いので改めて見たいと言う感じです。以下過去記事。1ヶ月ぐらい前の話ですね。まだ1ヶ月しか経ってないのかぁ。BTCが激動すぎて時間の感覚がもうわからない。

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

MARA,RIOTも参戦

2020/12/1~2021/3/3までとなります。先ほどと同様の時期です。

 

f:id:okometsubu-blog:20210304180319p:plain

終結

  • BTC :2.68倍
  • MSTR:2.26倍
  • MARA:5.92倍
  • RIOT  :5.63倍

 

2020/12月ぐらいがMSTR社債を買った頃を想定して開始地点としています。社債を買っているのでこの時点でMSTRはBTCに負けているのは不思議ではないという認識です。社債で株を購入したことによる希薄化が懸念されているとかいないとかだからです(※あやふや)

 

とはいえ社債購入後のMSTRを軽く見ているのですが、あんまりパッとしないんですよね。借金してまでBTC買っているんだからレバレッジ効果でその後大きく増加して欲しかったのですが言うほど値も上がらず、ボラは普通にMARA,RIOTの方が高いような気がしています。

 

で、MARA,RIOTの倍率を見て頂けると分かる通り、3月の時点で既にBTCより2倍弱も強いんですね。なので、多少MARA,RIOTの値動きが弱くなったとしても言うほどひどいことにはなっていないと予想。

 

ということで、改めて2020/12頃からの確認と、そもそもMSTRが2020/8ぐらいにビットコインを買ったあたりからの2つを改めて見たいと思います。

 

 

MSTR社債でBTCを買いあさってる頃から

2020/12/1~2021/4/15までとなります。

 

f:id:okometsubu-blog:20210416165343p:plain

終結

  • BTC :3.37倍
  • MSTR:2.28倍
  • MARA:6.81倍
  • RIOT  :5.46倍

 

社債で買ってからのMSTRがヤバイ!!!!!

 

もー・・・だったら最初っから時価総額の半分をBTCで持ってるだけの方が株価は良かったまである気がします。

 

いや、本当に社債で買ったからが原因かは分かりません。分かりませんが、この辺りから微妙に低迷し始めている気はしています。

 

私が当初MSTRを買った目的はそこで、BTC連動銘柄となりうるとして買いました。が、借金してまでBTCを買ってほしいと思ってませんでした。もちろん、超長期的に見たら大幅にBTCを超える可能性もあります。買ったBTCで何か事業をするとか付加価値も追加されたら嬉しいです。

 

ただ、目的とズレが生じてしまうのでちょっと残念になことになってます。

 

続いてMARAとRIOTは順調です。正直2021年2月ぐらいに滅茶苦茶跳ね上がっていたので、そこの恩恵を受けているならば最近の低迷は目をつぶってもいいかなぁと思っています。

 

ただ、最後の下げは多分コインベース上場により資金が吸われたとかあるかもしれませんね。BTCはあまり下げてませんがMARA,RIOTが結構キツめに下がってるので(※素人感想)

 

さて、それではMSTRがBTCを単純に買いあさり始めた辺りから比較します。先見の明があって、この頃からMSTRやMARA,RIOTに目を付けていた人はどうなったでしょうか。

 

MSTRが余剰資金でBTC買いあさり始めた時期

2020/8/1~2021/4/15までとなります。分かりづらいので対数グラフにします。

f:id:okometsubu-blog:20210416170712p:plain

終結

  • BTC :5.63倍
  • MSTR:5.99倍
  • MARA:11.00倍
  • RIOT  :13.75倍

 

BTCとMSTRがほぼ並びました

 

そう考えると、MSTRは今現在BTCと連動している株式と考えることができるということです。結局投資家のインするタイミングでどう捉えるかということです。ただ、もうMSTRはBTCに完全連動するのは無理かなと思った。社債で借金(レバレッジ)して買ってるからねぇ・・・。

 

で、私がそもそもBTCに目を付けたのが2020年10月末ぐらいで投資開始が11月なので残念ながらこの時点で既に割高なMSTRを買わされていたということになります。

 

そもそも米国株に目を付けたのがBTCから更に遅れたタイミングなので完全に高値掴みです。本当にありがとうございました。

 

さて、MARA,RIOTは立ち位置が逆転しました。この時期からだとRIOTの方が上になるんですね。何故か分かりませんがMARAは最初大幅な下落があって、そこから大逆襲でRIOTを追い抜いた形となっています。

 

そう考えるとやはり、その銘柄にインするタイミングが重要になるなと改めて思わされます。ただ、マイニングマシンのハッシュレート値とか見るとMARAの方が優れているというのをよく聞くので、今後の株高はMARAに期待したい所ではあったりします。2020年8月からみたらまだRIOTに勝ててないということですからね。

 

 

 

・・・さて、最後に私事でございますが、私がMSTR,RIOT,MARAに参戦した辺りからの比較をしたいと思います。だって、高値掴みしてたら悔しいじゃないですか!!!!!

 

えーっと、平均取得単価は分かるので、その辺りを買った時期として判断します。

 

私の平均取得単価

  • MARA:  28.68ドル (※実際には1/23買付開始)
  • RIOT:     29.21ドル (※実際には1/23買付開始)
  • MSTR: 515.89ドル (※実際には12/29買付開始)

 

ということで確認してみたところ、

 

  • MARA,RIOT基準だと2021-02-08
  • MSTR基準だと2021-01-08

ぐらいになりました。誤差みたいなものなので2021-02-08から現在までの比較を行います。正直私がMARAに大部分を投資しているためMARA基準で見ます!

 

MARAの平均取得価格した日辺りから現在まで

2021-02-08~2021/4/15までとなります。

 

f:id:okometsubu-blog:20210416172258p:plain

終結

  • BTC :1.36倍
  • MSTR:0.71倍
  • MARA:1.31倍
  • RIOT  :1.47倍

 

・・・アカン(※アカン)

 

まー、バッチリ高値掴みしまくっているので仕方ない。MSTRはマイナスに見えてますが、購入時期が最悪なタイミング(※ほぼ頂点)からのスタートなのでこれもやむなし。

 

実際は毎週報告していますがこんな感じです。

 

疑似BTC銘柄

f:id:okometsubu-blog:20210414105213p:plain

 

 

なので、私自身としては言うほどきつくはないのでした。助かったぜ・・・

 

で、ポイントは大体MARAとBTCが大体同率ということです。であるならば、最近MARAは不調ですがBTC建てで見た場合に赤字とまでは行かないからまぁ、いいかなという感じです。

 

むしろ今上記の地点からBTCを上回る業務レバレッジ効果が発生してくれることを祈ればいいと言う事です!

 

最近の傾向だとRIOT側に軍配が上がっていますが、過去チャートを見るに、RIOTとMARAが大きく価格を上げるのはシーソーのように来ているため、過去チャートを参考にすると次はMARAが大きく上げてくれるんじゃないかと期待しています。

 

が、コインベースが上場したため資金がそっちに分散してしまうと目も当てられません。そうやって分散されるのが一番困るんだよなぁ・・・。

 

そもそもコインベース自体はビットコインあんまり持ってません。ビットコインというより、手数料ビジネスで儲けて行くスタイルと聞いているので完全に「ビットコイン」に連動するとは私は思っていません。

 

これはPYPLとかSQと似たようなイメージを持っています。ビットコイン関連企業が必ずしもビットコインに連動するというわけではないと言う事です。以下過去記事。

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

 

過去記事を見てもらうと分かるのですが、暴騰力が並の米国株式と変わりません。つまり安定はするものの、暴騰力は非常に弱いんです。私はセミリタイアしたいのと、BTCの未来に賭けてるのでBTCと連動しつつ、BTC以上の結果がでる銘柄に投資したいんです!

 

ということで今回のまとめに入ります。

 

まとめ

  • 投資時期によってBTC以上になったり以下になったりするため一概に今の状況が良いか悪いか言いずらい
  • だが、最近はMSTR,MARA,RIOTの成績が悪いのは間違いない。今後もずっと成績が悪いかは注目したい
  • MSTR社債買いまくった辺りから本当に成績が悪い。チャートを見てもレバレッジ効果がある程暴騰力は見受けられないが、2024年という長い目で見ないと結果がついてこないかもしれない。

 

ということで、私はMSTRについてはガチホし続ける予定でRIOT,MARAは順次売却予定で目線は変わりません。

 

というよりMSTRでジュニアNISAも買ってるのでもう後には引けないのだ!!!!!

 

来年のジュニアNISAはどうするかなぁ。もしコインベースがBTCと近しい暴騰力があるならそっちに半分入れるかも。ビットコインETFの動向も気になる所。できればBTC単体で長期保有したいのですが中々できないんだよなぁ・・・。

 

もし仮にジュニアNISAでビットコインETFが買えるなら多分MSTRへの投資はやめて次回からビットコインETFにする気がします。その時になったら考えます。

 

というわけで、今回はここまでと致します。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20210416174046j:plain

 

【アルト】個人年金売却したのでETH,BNB,SOL,FTTに投資しました【末期】

こんにちは。okometsubuです。

 

皆さま申し訳ございません。

 

大分ご報告が遅れましたがETHを少々とBNB,SOLを買い増しました。

 

そもそも私はアルトコインに対して

 

結局アルトコインを信じられる根拠を調べる時間が惜しいし大金投資できないんだからビットコインだけでいい!

 

みたいなことをイキって発言していました。

 

が、BNBに投資してみると単純に「面白い」ことが分かってアルトに手を少し手を伸ばし始めてしまいました。正直これはBNBが面白かっただけであり、他のETHとかSOLとかFTTは言うほど持ってても面白くありませんでした。本当は専用ウォレットとか使ってDEXとか色々触れば面白いのでしょうが少額だし面倒なので触りません。特にETHはGAS代が半端なく高いと言われて怖いので・・・

 

とはいえ、結局アルトコインに全力は私のビビリ具合から中々できません。

 

SPXLを圧倒的に超えたBTCを圧倒的に超えたボラがある

 

果たして全財産を全てアルトに集中できるのかと言うお話です。株式投資家たちが忌み嫌う(※最近はそうでもないのか?)SPXLやTECL等の3倍レバレッジをはるかに超えるBTCをはるかに超えるんですよ?

 

また、アルトコインといっても1つ1つ思想が異なっており何故価格が上がるかという理由もキチンと調べなくてはいけません。その種類も大量にあるので中々手が休まる時間がありません。

 

ですが普通に暴騰力は魅力的です。なので全資産の5%前後なら普通に持っても面白いかなと思い始めてみました。

 

で、なんか日本円が余ってたので買ってみました。

 

なんで日本円が余ってるんだろう・・・

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

IVV vs BTC5%:現金95%リバランス(2015年から)

2015年1月初日からスタートです。

f:id:okometsubu-blog:20210215215210p:plain

パッと見良い感じじゃない?2018年まではガチでほぼ似たような水準ですね。BTC5%持つだけでも十分IVVに通用しそうです。

 

 

個人年金を解約したお金だったんですね!

 

 

あれ、変だな。過去記事では現金95%を保有して5%のBTCを持つだけにするっぽいことを発言しているのですが・・・。

 

個人年金は老後の大事な大事な資産。大丈夫でしょうか。駄目です。本当にありがとうございました。

 

それも仕方がありません。とにかく今は「仮想通貨バブル」が始まったばかりな雰囲気。ぶっちゃけ今からなら何を買っても儲けられる相場が更に来そうな雰囲気がしてしまっているのです。

 

だったらBTC買っても良かったのですが、BTC売却時の税金を考えると面倒なことになりそうなのでアルトコインにしました。ここが面倒なんですよね。平均取得単価が低い時に買ってるので利確時が凄いでて税金ごっそり持ってかれちゃうの。だったら少額アルトコインで運用してビットコさんが頂上になる前にサクッと売る形にすればいいかと。

 

ということで、こんな感じで色々裏で買ってました。

 

BNBは凄くて、確か4/10ぐらいに追加で20万円買ったのですが3日ぐらいで30%弱伸びたらしい。流石に伸びすぎなので調整が入っても全く不思議じゃないですね。というか、前回3/31ぐらいに買ったのですが、ドル建てでダブルバガー達成しています。まだ2,3週間しか経ってないんですがそれは・・・

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

f:id:okometsubu-blog:20210414103104p:plain

 

USD建てで確か$250ぐらいで買ったのでタイミング完璧でした。今ちょっと落ちてきてますがまぁ半額になってもいいです。BNBで遊ぶの楽しいし!(※末期)

 

 

 

ETHも将来性ありそうなのでもっと張ってもよかったのですが、BNBが楽しすぎてBNBの方に多めに投資してしまいました。直近だとGas代が高すぎてETHで少額だと遊べないというのもある。BNBの場合はBinance公式サイトでボタン一つで遊べるけどETHの場合はウォレット用意して遊ばないといけないのもネックの一つ。

 

が、最近ETHはアップデートされたらしくてGas代が気にならなくなる未来になりそうとかなんとか。そうなると長期で見た場合はBNBよりETHの方が良かったかもしれない。が、正直どっちもまだ後4,5年目線で見たら普通に伸びるとしか思えないのでどっちに投資してもいいなってなってる。

 

後は「日本円」が普通に少ないので、BTC以外のアルトコイン買おうとするとBTCからスイッチしなくちゃいけないんですよねぇ。そうなると税金取られちゃうのがネック。そういう理由で「個人年金」から日本円で買っちゃったのもある。苦しい・・・苦しい・・・。

 

世の中「レバレッジ」利かせて投資してる人っているじゃないですか。それって結局「現金」が無いから借金して投資しているわけです。そうなるとCFDで取引するぐらいならギリギリまで「現金」で投資してそれ以上買いたいならBTCを担保に「レバレッジ」をするという考え方になるので、まぁ、そういう人に比べたら全然余裕だよねって最近思い始めてます。だって借金(レバレッジ)してないんだから。(※本格的に末期)

 

ただ個人的な例外として、3倍レバレッジETFは長期保有による増価狙いで現金にゆとりがあっても賭け事みたいに賭けてもいいと思う。けど、CFDみたいに元本にかけるタイプの借金は手元に現金持っててその範囲内で投資できるならあえてレバ賭ける必要は無いかなと思うけどどうなんだろうね。20倍とか100倍とか賭けるなら確かに手元の現金以上に賭けてることになるからいいんでしょうね。怖くてやらないけど。

 

 

話が脱線しました。

 

 

で、全然関係ない所でSOLというコインもちょっと買いました。

 

SOLって何?って聞かれても全く分かりません。

 

なんか伸びそうだからという理由で何となく15万円分今の所買ってます!!!!!

 

本当に何も全く一切調べてないで買ってますのでもう滅茶苦茶です。これがバブル脳の真の力です。何買っても上がればいいのだ!!

 

まぁ、一応軽くイメージとしてお話すると、確かSOLはFTX系列っぽい雰囲気らしいので、だったら「Binance vs FTX」でBNBに投資してるならその対極側ももっとこうかな、ていう感じです。

 

じゃあFTTとかSOLとかRAY辺りもってけばいいんじゃない?っていうクッソどうでもいい理由でした。で、なんとなくSOL。RAYを買おうとしたら「USD」建てじゃないと買えなかったから仕方なくSOLにした感じ。「USDT」でSOLは買えたので何となく。

 

ちなみにFTXの方が健全っぽい雰囲気してるので本当はFTTとかSOLを多めに持った方が良いと思うのですが、Binanceは日本語対応でUIが分かりやすくサイトがFTXに比べて軽いのでBNBを多めにしちゃってます(※クッソ適当な理由)

 

ということで、SOLをちょっと買って全部ステーキングしました。ちなみにBNBも全部ステーキングしています。

 

結局BinanceとかFTXとかの海外取引所ってGOXしたらステーキングしてようがしてまいが、全部なくなると考えて行動しています。英語できないし海外とのやり取りになるから絶対大変なことになる。だったら、その取引所内でステーキングしようがしまいが、仮想通貨ガチホしてるのとリスク変わらんよなぁっておもってステーキングしました。

 

なのでBNBもBNBヴォールトやら固定ステーキングも色々してます。これが結構面白い。ETHも専用ウォレット入れて自分で管理したら出来るんですが面倒なのでやってない。確定申告で私が知識が無いので多分面倒なことになる。

 

ただ、BinanceのWebブラウザ上でも行える流動性スワップは本当に難しそうで、難しいだけならいいんですが、こちらも確定申告で説明できる頭が無いので手を出した後の余生でストレス抱えながら過ごすことになりそうだなって思って単体のステーキングまで。単体でステーキングするだけでも年利14%とか10%でるし「eMAXIS Slim 全世界株式」より年利いいんじゃないのって感じなのでまぁいいでしょう。

 

ただ、当然CPリスクが高いので全力は絶対できないのであった。CPリスクが全てです。これがあるから逆に年利が高いまであると思ってる。どこまで付き合うか。どこで切り上げるか。人間の欲望と恐怖度合いを決めなくてはいけないなと。

 

 

また話が脱線しました。

 

 

さて、SOLは買ったのですがFTTを1枚も持ってないのでSOL買う前にFTT買えば良かったと今ちょっと後悔しています。FTTに多少お金を入れておくと手数料が安くなるようです。以下FTXヘルプサイトより引用させて頂きます。

 

取引手数料 – 日本語

https://help.ftx.com/hc/ja/articles/360048259511-%E5%8F%96%E5%BC%95%E6%89%8B%E6%95%B0%E6%96%99

 

f:id:okometsubu-blog:20210413095713p:plain

 

FTXはヘルプは日本語でスマホも確か日本語対応なんだけど、PC版はいつの間にか日本語対応が除外されていました。悲しいなぁ。

 

これを見ると11万円ぐらいで手数料5%減がゲットできたっぽい。やっぱりFTT先に買っておくべきでした。

  

・・・で、この記事書いてるうちに欲しくなったので、今さっきFTTを20万円程買いました。これをステーキングして10年ぐらいガチホする気でいます。多少手数料安くなるでしょう。

 

 

 

 

 

ということで、ゴチャゴチャ書きましたが、最近買ったアルトコインへの投資額はこんな感じです。

 

直近1,2ヶ月で買ったアルトたち

  • ETH:20万円
  • BNB:120万円前後
  • FTT:20万円
  • SOL:15万円
  • 総額:180万円程度

 

まー、こんなもんかなぁ。もうちょっと買っても良さそうな額ではあるけど無難なところか。ETHはやっぱもう100万円ぐらい追加したくなってる。

 

別に変な謎の草コインは買ってないし、私の総資産1.2億円からしたら1.5%程度の分散投資です。その程度意味あるのって思われそうですが、180万円分なので普通に結構な額だよねって話。

 

正直、今真面目に仮想通貨バブル開始して中盤戦まで来ていますが、ここまで大きなチャンスは今後来ないかもしれない。2024,5年のBTC半減期も期待してるのですが、ボラが低下することでアルトバブルの威力も半減するかもしれない。

 

この今の瞬間もまだ間に合うと思って乗ってしまっていいかなと。ただアルトコインについては本当にあまりにも情報不足でイナゴしてるだけなので額は少額。攻められる人がいるなら止めませんし普通に儲かると思うので一考の余地はありかなとは思います。

 

私はビットコインなら信じられると思い2000万円をガツンと投資しました。でもアルトコインで2000万円を投資できるかと言われたらうーん・・・。無理ですね。BNBなんかはBTCと今の所ほぼ連動しているためアルトコインだけ買えばいいと言う考えも分からなくはないですが、例えば今だとBNBはSECに目を付けられているためどうなるか分かったもんじゃありません。今後もそういうリスクが出てくるアルトコインに全力は難しいのでした。

 

ということで、以下海外取引所のアフィリンク。私自身あんまり取引してないので恩恵はあまりない。

 

■bybit

紹介プログラム

紹介コード単体:「1OmMG」

$10ドル分のBTCが受け取れるらしい。

 

■FTX

FTX

永年手数料5%引きになるとのこと。

 

■Binance

フリーアカウント作成 | Binance

これ経由して恩恵得られるかよく分かってない(おい)

10%手数料バックらしいけど他のアフィブロガーの方のを踏んだ方が良さそう。

 

ということで今回はここまでと致します。

 

f:id:okometsubu-blog:20210413100853j:plain

 

ビットコイン(BTC)と関連銘柄報告会(2021/4_3週目)

こんにちは。okometsubuです。

 

最近アルトコインをちょこちょこ買い始めています。なので本記事に載せてもいいのですが、正直額が少額なので言うほど載せるのも手間必要性は無いかなぁと。ちょっと考えます。

 

ということで、最近またBTCがATH達成して伸びましたね。正直3月全然下落してなかったので個人的には4月は調整入るのかなって思っていましたが無事高値に付けています。

 

ただ、確か米国が5月中旬に確定申告が延期されたとかでもしかしたらそこの納税売りが5月にずれ込むかもしれないなぁとか嫌だなぁとかはちょっと思っています。

 

ただ、私の記事でマイナスなことを書くと必ずそれに反発してBTCは高値を更新し続けてくれるという嬉しい流れを継続してくれるなら、5月も暴騰してくれることでしょう!(フラグ)

 

 

というわけで、今週のビットコイン関連結果発表と参ります。

 

BTC結果発表

全投資額:¥25,671,772

現評価額:¥82,441,238→ ¥89,601,390

現在のトータルリターン:¥56,769,467→¥63,929,619

利率:+221.14% → +249.03%

 

1週間で28%近く伸びたっぽいですね。利益は約700万円程。これで仮想通貨界でボラが低いっていうんだから株式投資家からみたら「異常」と思われるでしょうね。

 

一応今の所は当初ビットコインに投資したシナリオ通りです。700万円儲かって嬉しいと言う感情よりは「まぁ当然だよね」みたいな心持ちで完全にバブル脳です本当にありがとうございました。

 

で、そんなバブル脳なBTC関連銘柄はどうだったか。

 

疑似BTC銘柄

f:id:okometsubu-blog:20210414105213p:plain



全投資額:$98,794.33 → $99,600.39

現評価額:$177,162.72 → $180,576.78

現在のトータルリターン:$78,368.39 → $80,976.39

利率:+79.32% → +81.30%

 

この記事を書いてるのが4/14なのですが、本日BTCがATHしました。が、その内容は反映していない感じですのでもしかしたら明日もう少し伸びてるかもしれないですね。

 

また、大分前にGLDMを売ったのですが、その余っていたドルで最後の仕上げで指値をしていたMARAがチョットだけ買えました。なので投資額がチョットだけ増えてます。47.56ドルの時に買えたので今の所は成功と言った具合です。

 

これにて$GLDMを売った全ドルの買付が完了しました。残りは$TIPだけですが、こいつの出動はもう来ないかなぁ・・・。私には家族がいるのでここに手を出すわけには・・・。最近個人年金の日本円もちょくちょく「アルトコイン」に変え始めちゃったし末期感が凄い。

 

さて、それはおいといて、BTCと比べて利率の上昇率がよろしくありません。これは何故かと言うと$MARAが案外伸びてくれなかったんですね。

 

結局先週のMARAが滅茶苦茶伸びすぎていたからかなって結論を私の中で出して終わらせているのですが、もしMARA単体で何か良くないニュースが流れたら私のこの米国株はおしまいですね。

 

そういうBTCとは関係ない所でリスクを持つのが米国株の難しい所です。税金自体は十分美味しいし、確定申告も簡単なのでいいのですが、1社に投資するというのが中々どうして怖いのです。

 

さて、そんな中コインベースの上場が開始されますね。仮想通貨取引所で初の上場だったはずですが、これに投資するかはちょっと分かりません。

 

恐らく右肩上がりする市場だとは思っていますが、BTCに業務レバがかかるような銘柄にはならないんじゃないかなぁと勝手に想像しています。取引所なので仮想通貨全体が下落しても手数料で儲かるので右肩上がり、ただ、BTCとか仮想通貨を大量保有しているわけでもないので大暴騰するとか(※仮想通貨からみたら)そういうのは無いかな読み。

 

ともあれ、私の投資スタイルは「長期」で投資していいかどうか理由を確認して、OKがでたら「過去」の値動きでどのぐらいの期待値が今後もたらされるかを確認した上で投資OKとするところがありますので、新規上場の未知数なコインベースは手を付けないかなぁと思った次第。

 

もしくは、2024年ぐらいにセミリタイアしてて安定運用を目標にする場合は持つことになるかもしれません。必要以上のボラは不要。手数料ビジネスで安定して持てるならアリかなと。ただ、セミリタイア後に米国株持つと確定申告とか税金対策が面倒そうだったイメージがあるのでその辺調べた上で参入するかなぁ。ま、数年必要だからその時考えようどうせ忘れる。

 

というわけで、今回はここまでと致します。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20200406210347j:plain

 

【TLM】無料でもらった草コインがゴミになったお話【アルトコイン】

こんにちは。okometsubuです。

 

前回の答え合わせ。BNB持ってたらBNBヴォールト経由でTLMという草コインを貰いました。Binance上場日が今日だったので、真っ先に売ろうというのが今回の記事です。

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

  • とりあえず成行売りを1/4入れる
  • 6.5ドル近辺に1/4入れる
  • MAXを12ドル近辺にして残りの指値をばら撒く

 

 

 

 

さあ、結果はどうだったでしょうか!?

 

 

f:id:okometsubu-blog:20210413163648p:plain

 

 

・・・あれ?おかしいな。目にゴミが入ったのかな?

 

Binance取引所で実際に見てみよう!!

 

f:id:okometsubu-blog:20210413163756p:plain

 

 

上場前高値:7ドル前後

今日の頂点:5.95ドル

今:0.5ドル前後

 

f:id:okometsubu-blog:20210413221632p:plain

 

 

当日価格だけで90%下落したwwwww

流石草コインwwwww草ァwwwwwwww

 

 

笑いごとではありません

 

 

気になって休憩がてらリアルタイムで観ちゃいましたよまったく!!!

 

で、時間も無かったのでサッと売りました。確か1.3ドルぐらい。むしろ時間が無くて良かったですよほんと。

 

最初指値注文手間取って指値できませんでした。で、その後いきなり1.xドルで始まって「??????」ってなってボーっと眺めてて、ハッっと気づいて急いで1.3ドルぐらいで売りました。一瞬何が起こったのかよく分かりませんでしたw

 

だって他の取引所だと開始時が6ドル開始ぐらいですよ?Binanceで価格みたら1.3ドルになってて、

 

あれー?Binanceで上場した特別価格かな?2,3分まってたら他の取引所と同じように6ドルになるのかなぁ~~?

 

とのんきに構えてしまいましたよホント!!

 

で、時間も無かったので1.3ドルで売りましたが実際の年利計算したらどうなったかというと大体年利60%程度になりました。うん。存外悪くありませんね。いやはや、運が良かった。

 

昨日の時点では3.3ドル計算で182.5%/年という破格の年利だったのですが、そこまで行きませんでしたね。でも「ALIEN WORLDS」とかいう謎のゲームの仮想通貨とかいう将来性の無いコインで年利60%程度出たのは嬉しい限りです。ごちそうさまでした。

 

ということで、実はこのTLM,まだBNBヴォールドでファーミングすると貰えます。

 

が、もうゴミでしょこの仮想通貨。正直BNBヴォールトをする理由がなくなった気がしたので明日の朝、TLMを貰える枚数を見て年利がショボかったらBNBを固定ステーキングに切り替えようかなと思いました。前回、半分を30日間ステーキングしているのでその内ステーキングが解除されてBNBヴォールトに自動で入金されるのでそれ狙い。

 

で、今の年利を見たらこんな感じらしいです。

 

f:id:okometsubu-blog:20210413220249p:plain

 

うーん。まぁ、6%って普通に考えたら美味しいよね。けどこれは流石に・・・固定ステーキングに切り替えちゃいますかねぇ。明日。

 

年利6%運用というだけでも十分凄いんだけどねぇ。他のAPYが良すぎるのがいけない。

 

まぁまぁ、酷い結果になりましたが、年利60%程度今回取れてるなら十分です。ということで売ったLTMは全部BNBに変えちゃいましたとさ。ぶっちゃけ日本円で1万円ぐらいなのでそこまで神経尖らせる必要はありませんでした!

 

結局謎の草コインに大金投資なんて出来るわけないんだから、下手に神経と調査時間掛けても意味がないんだよ!!

 

こういうのがあって、私は当初から「アルトコイン」に手を出さないようにしてたんだよ!!!

 

・・・でもまぁ、BNBとFTTの取引所コインは将来性はあると思えるし、BNBは過去の実績としてBTCとかなり似た動きかつBTCよりも良い形になっていたのでインしたのは後悔していません。BNBヴォールトとか楽しく小銭も貰えています。

 

結局BinanceとFTXという取引所が消滅するリスクを飲めばハイリターンが望めると考えています。1か0か。それなら預けている仮想通貨は全てステーキングするしレンディングにも回します。ある程度資産を得て攻める必要が無くなったら辞めればいい、もしくは額を徐々に減らせばいいのだ。

 

なので、今考えてるのはBTC,ETH,BNB,FTT辺りまでならまぁいいかなぁって感じです。SOLはなんか気分で買ってますよくわかんないけど頑張ってほしい。

 

結局私が投資する対象は、

 

  • 長期間投資しても何とかなりそうかどうか
  • 価格の暴騰力がBTCより上かどうか(※上じゃなかったらBTCに投資してればいい)

 

の2点だけ。長期投資しても何とかなりそうかどうかは重要で、実質長期投資しなくてもいいんです。良い感じになったらBTCにスイッチするとかそういう考えでも。最悪ミスっても長期目線で買えているので最低限ガチホを決め込む「覚悟」をした上で投資をすることになります。なので「少額」です。私はBNB120万円、その他をそれぞれ20万円ぐらい入れてます。

 

で、今の私の全資産は確か1.2億円(額面上)だったはずですので、まだ1~2%程度しか持ってないんですね。このぐらいなら別に高みを望んでもいいし、最悪失敗してもいい。長期ホールドで買ってもいたくない額でやってるので大丈夫と自分に言い聞かせる日々です。いやはや、まだ雰囲気で買ってるのでよくわかんないですね。

 

ともあれ、BTCはとりあえず私は信じられたのでガチホは余裕だと思いたい。で、今回のLTMはそもそも何一つ信じていないので最初から当日中に全利確余裕でした。

 

と言うわけで今回はここまでと致します。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20210413172237j:plain

 

【TLM】無料でもらった草コインを売るタイミングを検討します【BNB】

こんにちは。okometsubuです。

 

本日15:00にTLMという草コインがBinanceに上場するので割とタイムリー過ぎる記事になってしまいました。

 

つい先日BNBを買ってBNBヴォールトという自動で適切な場所にBNBをステーキングやらファーミングしてくれるサービスを半分だけ利用してもう半分は30日間BNBをステーキングして年利14%を貰っています。以下過去記事。

 

 

okometsubulog.hatenablog.com  

f:id:okometsubu-blog:20210329195445p:plain

 

で、このBNBヴォールトにコインを預けておくことで自動的にLaunchpoolにBNBを割り当ててくれているらしいこと。この「Launchpool」にBNBを割り当てることで、アルトコイン、所謂草コインが貰えるというものです。

 

で、その貰える枚数がヤバイ。以下3日間で貰えた枚数。毎日貰えます。

 

TLM取得枚数(1日1行)

f:id:okometsubu-blog:20210411182007p:plain

 

これの何がヤバイのか。

 

私は現在BNBヴォールトに対して大体14枚ぐらいステーキングしてるんですね。で、価値としては6600ドル分、今の価値で言うと約72万円分となります。

 

じゃあTLMの価格っていくらなのっていうと、この貰った日の額はこんな感じでした。

 

f:id:okometsubu-blog:20210411182300p:plain

 

大体この画像を張った当時は3.3ドルぐらい。で、1日大体10枚ぐらい貰えている。つまり、現状では33ドル/日ということになります。

 

これを超ザックリ年利にして計算するとこんな感じになります。

 

33ドル ÷ 6600ドル × 365日 = 182.5%/年

 

は?

 

意味が分かりません。私は計算ミスをしてるかも???

 

いや、多分、これがアルトコインなんだろうなぁ。まったく恐ろしいものです。

 

超ザックリで上記出してますが、少なくとも年利100%を超えていると言う事です。

 

しかも更に誤算で、今現在の$TLMの価格はなんと6ドルを最近一時的に超えていました。今は多分5ドルぐらい。一瞬で値動きするからわかんない。

 

こんなの見ちゃったら、BNB追加投資してBNBヴォールトに突っ込みたくなるじゃあないですか!

 

こうなると固定ステーキングしている年利14%のBNBがちょっと残念な結果になってしまっています。ただ、TLMについてですが4/13にBinanceに上場するということでその日に向けてTLMの価格が上昇しているっぽいです。

 

 

 

 

 

・・・さて、ということでこの「TLM」は何時売ればいいのかというのを考えなくてはいけません。

 

そもそも「TLM」とは何か。どうやら「ALIEN WORLDS」というゲーム内で使う仮想通貨のようです。ググってみて貰えると分かるのですが、滅茶苦茶海外ゲー臭が半端ないです。で、正直なことを申しますと、全然面白そうじゃないんだけど流行るのかこれ?

 

 

f:id:okometsubu-blog:20210412150505j:plain

 

うーん・・・どうだろう。なんか仮想空間に土地を持つと超価値が上がるとかそういうゲームはよく聞くけど、このゲームはどうなんだろう。時間が惜しいので全然調べてませんがキラーヒットしたゲームならいざしらず、ポット出のゲームに価値があるかどうか。が、現在Dappsゲームの内の2位らしい。このまま流行っていくならアリなのか・・・?

 

とまぁ、そんな感想を抱いてしまったのでよく分からないのでサッサと売ると思います。将来性は不明。いや、全く分からない。そもそもBinanceで取り扱うぐらいの通貨なのですからもしかしたら超絶伸びるかもしれない。そもそも私英語できないのでやっぱりよく分からないし調べる時間が惜しい。こんな草コインに構っている暇があったらyoutubeでも見て過ごしたいねぇ!

 

 

 

 

では次に、過去にあったコインで今回の「TLM」と同じような状況の草コインの状況を確認します。

 

同じような状況としたのは以下の通り

 

  • Binanceが最初に上場した取引所ではない(今回でいうとMXC取引所が先)
  • BNBヴォールトで取得できて、Binanceで上場したコイン

 

この2つで直近のコインを追うと以下の3つが対象になるかなと

 

  • DODO
  • OG
  • ATM
  • PSG

 

Binanceが初上場だったら100倍とかになる可能性を秘めているけど、今回は2番目の上場とかだからいうほど伸びないだろうというのが事前予想です。

 

なんかDODOだけ聞いたことあるような・・・。聞いたことがあるってことはつまり、結構評判が良いのかもしれない。

 

ということで、これらの草コインは上場前後でどうなったかを見ればいいんじゃないでしょうかと言うのが今回の目的です。

 

ではまずはDODOから。とりあえず、「ビューン」って伸びてる所がBinanceに上場した日と考えてください。

 

以下Coingeckoサイトから引用させて頂きました。

 

仮想通貨チャートと価格、時価総額ランキングサイト - CoinGecko

https://www.coingecko.com/ja

 

 

DODOの上場前後の動き

f:id:okometsubu-blog:20210412150730p:plain

 

 

上場により大体4倍をピークにした感じですね。その後4ドルを推移しているので大体2倍前後と言った所か。つまり2~4倍ぐらいかな。しかも下落したとしても上場前よりも2倍をキープ。これなら急いで売る必要は無いですね。

 

じゃあ次。

 

OGの上場前後の動き

f:id:okometsubu-blog:20210412151830p:plain

 

 

ちょっと分かりづらいのですが、出来高が多くなってる日が上場日で、頂点は上場日の前日っぽいです。つまり、12/30の上場日に50%近く下落してるっぽいです。似たようなものにATMもありました。

 

ATMの上場前後の動き

f:id:okometsubu-blog:20210412151712p:plain

 

 ATMは12月30日上場。これも当日に一気に落ちました。こっわ!!!!!

 

この2つに共通して言えることは、「上場日前に既に5倍以上に暴騰している」というのが基準になるかもしれません。

 

では続いてPSGという草コイン。

 

PSGの上場前後の動き

f:id:okometsubu-blog:20210412152313p:plain

 

 

これは上場当日にトップの30ドルに付けています。大体2~2.5倍ぐらいでしょうか。まずまずですし非常に読みやすいですね。恐らく12/14辺りでBinanceの上場のニュースが出たのかもしれない。そこの底から考えると抒情手前で1.5倍くらいにはなったかなって感じ。

 

ということで、サンプル数が少ないのでアレですが大体特徴がつかめてきたと思います。

 

私の中のまとめ

  • 上場日前数週間で値動きが激しく無かったら当日に2~4倍ぐらいに指値を入れておく(※出来るのか不明。私が初めてBinanceで上場銘柄扱うので)
  • 上場日手前の時点で4,5倍程度伸びていたら上場日当日に大幅に下落する可能性も考慮して半分程度は成行で売りをしておくかも?(※どうせ少額だから無視するのも手か)

 

ということになりました。

 

それじゃあ肝心のTLMって今どうなのよ?ってなるよね。ちょっと見てみましょうか。

 

TLMの値動き

f:id:okometsubu-blog:20210412152700p:plain

 

はー。なる程ねぇ。なんか大分上場日前に上げてる気がするけど上場日前に大きく下げてますねぇ。わからん。全然分からん!

 

この記事が出る当日の15時に上場予定なのですがどうなるかなぁ。結果は指値次第と言った所かな。

 

底の価格を2ドル付近として考えると、今は2.5倍ぐらいに上昇していると言う感じ。そうではなく3ドル付近をターゲットとすると今現在は1.5倍ぐらいでしょうか。

 

となると、私の指値は1~2倍にばら撒いて指値しておくかな。ある程度成り行き売りも視野に入れる。

 

ということで、私はこんな感じにすると思います。

 

  • とりあえず成行売りを1/4入れる
  • 6.5ドル近辺に1/4入れる
  • MAXを12ドル近辺にして残りの指値をばら撒く

 

5ドル→6.5ドルで1.3倍なので、まぁまぁ、1.3倍ぐらいなら1日の動きで普通に行くでしょってことで1/4ぐらい入れちゃって、後は適当にやります。

 

もしかしたら成売はしないかも。流石に今現在2位のゲームで上場日前に超絶高値に付けている雰囲気でもないので、6ドルぐらいは普通に期待と言う感じで。うん。やっぱ6ドルぐらいから指値スタートするかもしれない。4/13の朝の状況見て指値調整します。できるのかな?上場後じゃないと指値できないならもう諦めるかも。

 

多分、この程度の上場前の暴騰なら、3ドルぐらいは少なくともキープし続けてくれないかなぁと思っています。というのも早めに売りたい理由があって、BNBヴォールトで30日間はこの「TLM」を掘り続けることが出来るんですね。だったら、やはり上場日の時点である程度多くのTLMは売ってしまって、後に出てくる草コインも適宜そのタイミングで売っていけばまぁ悪くないかなぁと。今回BNBヴォールト後の売買は初体験なのでどうなることか。

 

 

 

 

 

 

 

さて、現在TLMが取引できるのはMXCという海外取引所のみっぽそうです。つまり、Binanceに上場する前にMXC取引所に口座を開設しておいて先行して買うという技が使えたことになります。

 

これ、私のフォロワーさんがやっている人がいて完全勝利している状況にあるなぁと思って凄いなぁと思って眺めていますw

 

確か3.5ドル前後で買ったツイートしていたので少なく見てもたった1,2日ぐらいで50%以上は軽く上昇していることになりますから完全勝利でしょう。

 

とはいえ、逆にBinance上場したら価値が下がる可能性があるとも言われているので、やっぱり謎の草コインを先行して買うという行為自体が怖すぎてやっぱできないし、結局少額しかできないよなぁというのが私の感想となります。

 

できてBNB,FTTの取引所コインとその関連コイン(CAKE,SOL,RAY)辺りぐらいまでかなぁと思った次第。

 

ということで、今回はここまでと致します。