【まとめ】過去シミュレーション結果置き場

こんにちは。okometsubuです。

 

ここは今まで検証した数々のゴミの山 「検証結果」をまとめたリンク集となります。

 

気が向いたら随時更新予定。

 

ただ、私がズボラなので記事のリライトはほとんど行っていませんので、当時の検証結果を見た私の考え方とその後の検証結果から等で今の考え方は全く異なってくることをご了承下さい。

 

尚、レバレッジ商品について金利は考慮していないため、高金利化が進むにつれてパフォーマンスが劣後する可能性はあります。

 

 

・・・まとめてみたら全然まとまってない程見にくい。あんまり有効に機能しなかったらこの記事自体後で削除します。

 

 

 

 

ぼくがかんがえたさいきょうのなにか

【iFreeレバレッジ】ぼくがかんがえたさいきょうの比較的安全に資産を得る方法【RPAR】 - 日々の生活をがんばるブログ

【攻略】楽天カード1%ポイントを比較的安全に高利益で入手する方法【楽天証券】 - 日々の生活をがんばるブログ

 【超安全PF】解約した個人年金の5%をビットコインに投資します【既に10%投資】 - 日々の生活をがんばるブログ

  

 

ビットコイン関連記事

【BTC】最強!バランス型ポートフォリオにビットコインを追加しよう!【検証】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】対決!ビットコインバブル VS 3倍レバレッジ(リーマンショック編) - 日々の生活をがんばるブログ

【Bitcoin】対決!ビットコインバブル VS 3倍レバレッジ(ITバブル崩壊編) - 日々の生活をがんばるブログ

【仮想通貨】Bitcoinについて色々まとめます【自分用】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】過去のビットコインの暴落頻度を確認します【逆張り調査】 - 日々の生活をがんばるブログ

【最強】ビットコインは積立投資でも億万長者を狙えました【BTC】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】IVV(S&P500)を全部売却してBTCへ積立投資したらどうなるか検証します - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】お金持ちになりたいなら株に固執しすぎないで新しい視点を持とう!【ビットコイン】 - 日々の生活をがんばるブログ

【TECL】ビットコインはレバレッジETFと異なりナンピン買いの重要度が低い【SPXL】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】ビットコインはストーリーが分かりやすいから投資しやすい【初心者向け】 - 日々の生活をがんばるブログ

【米国株】税金先延ばしのためのショートについて考えます【雑記】 - 日々の生活をがんばるブログ

【BTC】改めて仮想通貨取引所についてまとめます - 日々の生活をがんばるブログ

【先物】デルタニュートラル戦略は放置が難しい【BTC】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

【BTC】MARA,RIOTのバブル崩壊からの復活時間を調査します - 日々の生活をがんばるブログ

→業務レバレッジ銘柄。レバレッジETFと同等のボラが期待でき、復活までの時間軸は指数のBTCと似た動きを期待できそうというもの

 

アルトコイン関連記事

【仮想通貨】BTCとBNBを簡単に比較します - 日々の生活をがんばるブログ

【TLM】無料でもらった草コインを売るタイミングを検討します【BNB】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

 

オールウェザーポートフォリオとRPARについて

リスクパリティPF(RPAR)はオールウェザーポートフォリオの代わりになるか - 日々の生活をがんばるブログ

対決!オールウェザーポートフォリオvsRPAR(リスクパリティPF) - 日々の生活をがんばるブログ

【RPAR】疑似データでリーマンショック時の動きを確認します【レバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

本当にRPARに投資していいか最終チェックをします - 日々の生活をがんばるブログ

疑似RPAR1.5倍レバレッジを1000万円程購入しました【オールウェザーポートフォリオ亜種】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

【BTC】最強!バランス型ポートフォリオにビットコインを追加しよう!【検証】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

対決!本物のRPAR vs 疑似RPAR vs S&P500(IVV)!【リスクパリティポートフォリオ】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

以下からレバレッジ商品に関するまとめ。筆者が既にレバレッジ商品を全部ビットコインにスイッチしてしまったので過去の参考程度として見て頂ければと思います。

 

RSIを用いたリバランスタイミング調査

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その1(TQQQ_TMFリバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その2(TQQQ現金リバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その3(SPXL_TMFリバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その4(SPXL現金リバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その5(TECL_TMFリバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その6(TECL現金リバランス編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その7(TQQQ微調整編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その8(SPXL微調整編) - 日々の生活をがんばるブログ

RSIを用いたリバランスタイミングを検証します_その9(TECL微調整編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

SPXLとTMFリバランスについて

【3倍レバレッジ】SPXLとTMFを疑似データを使ってリバランス検証します_その2(VUSTX編) - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLとTMFを疑似データを使ってリバランス検証します - 日々の生活をがんばるブログ

SPXLとTMFリバランス効果を検証します_その1(金利上昇期編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

SPXL等レバレッジ商品とドルコスト平均法についてまとめ

【3倍レバレッジ】SPXLは積立投資で輝けることを証明したい!その1(暴落時積立編) - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLは積立投資で輝けることを証明したい!その2(暴落5年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLは積立投資で輝けることを証明したい!その3(暴落10年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLは積立投資で輝けることを証明したい!その5(vs疑似TECL編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

【QLD】iFreeレバレッジNASDAQ100への投資方法について検証します【NASDAQ100】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】積立投資がレバレッジ商品に向いているか検証します【SPXL_TECL_iFreeレバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL_SSO】世界恐慌時に毎月積立投資をしたらどうなるか確認します - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジと「ノーセルバリュー平均法」検証記事。ドルコスト平均法改良版

【SPXL】ノーセルバリュー平均法(少額投資)の方法を記事にしてみた - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その1(直近暴落編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その2(暴落5年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その3(暴落10年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その4(暴落15年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法(少額投資)VSドルコスト平均法その5(暴落20年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VSドルコスト平均法その6(直近暴落10年分割編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VSドルコスト平均法その7(暴落5年前_10年積立編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VSドルコスト平均法その8(暴落10年前_10年積立編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

対決!ノーセルバリュー平均法VS現金リバランスその1(直近暴落編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VS現金リバランスその2(暴落5年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VS現金リバランスその3(暴落10年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

対決!ノーセルバリュー平均法VS現金リバランスその4(暴落15年前編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

【SPXL】ノーセルバリュー平均法の条件を変えて軽く検証します【読者様条件】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

VIXを用いた投資方法

【SPXL】VIXによるタイミング投資を検証します - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】VIXによるタイミング投資を検証します_その2(TMF_TQQQ等編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

【レバレッジ積立】VIXを用いた積立額変更運用について - 日々の生活をがんばるブログ

 

SPXL現金リバランス(※過去記事なので荒い)

【SPXL】対決!ナンピン購入VS現金リバランス!その0(プロローグ編) - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL】対決!ナンピン購入VS現金リバランス!その1(長期運用編) - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL】対決!ナンピン購入VS現金リバランス!その2(絶望投資編) - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL】対決!ナンピン購入VS現金リバランス!その3(リバランス調整編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

つみたてNISAは実は積立ではなく、一括投資を20年間保有しているものであるという考え方

【つみたてNISA】積立先を世界株式に変更するべきか検討します - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

SPXL:VOOにおけるリバランスについて

【SPXL】リバランス運用は現金よりVOOの方が若干有利かもしれません!【毎月リバランス】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

リバランス時期調査。長期リバランスしない方が結果は良かったが、運次第なので微妙な記事

【SPXL】現金リバランス間隔は何ヶ月まで延ばせるのか? - 日々の生活をがんばるブログ

【日経編】現金リバランス間隔は何ヶ月まで延ばせるのか?その2 - 日々の生活をがんばるブログ

【TECL編】現金リバランス間隔は何ヶ月まで延ばせるのか?その3 - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジと「順張り投資」検証編

【レバレッジ】SPXLやTECLは順張り時で購入すべきか検証します【落ちたナイフ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】SPXLを第1次オイルショック時に順張り投資したらどうなるか確認します【続き物】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】SPXLをベトナム戦争頃の暴落時に順張り投資したらどうなるか確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【S&P500】大暴落時の底から1年後に順張りをした場合の株価を確認します - 日々の生活をがんばるブログ

 

ドルコスト平均法における「順張り」 VS「逆張り」まとめ

【和製バフェット手法】対決!ドルコスト平均法順張り積立VS逆張り積立(IVVorQQQ) - 日々の生活をがんばるブログ

【和製バフェット手法】対決!ドルコスト平均法順張り積立VS逆張り積立その2(SPXLorTQQQ) - 日々の生活をがんばるブログ

 

成績の良い銘柄に常に投資した場合の末路

【和製バフェット亜種】成績上位5種集中投資法を検証します - 日々の生活をがんばるブログ

 

疑似SPXLの暴落頻度調査

【SPXL】過去のSPXLの暴落頻度について調べます【購入タイミング調査】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

SPXLやTECLがSEC介入により償還や3倍から1.5倍値動きになった場合の対策まとめ

【3倍レバレッジ】SPXLやTECLが無くなったらどう行動すればいいのか!?【iFreeレバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】CFDはSPXLやTECLの代替となりうるのか?!【5倍レバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SPXLやTECLが無くなったらどう行動すればいいのか!?【2040ダウ平均レバ編】 - 日々の生活をがんばるブログ

【償還対策】CFDはSPXLやTECLの代替になり得るか改めて考えます - 日々の生活をがんばるブログ

【償還対策】信用取引で値動き3倍を実現可能か確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【CFD】元本レバレッジを積立投資したらどうなるかシミュレーションします【SPXL】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

 

TECLとSOXLがITバブル時にあったら償還されると思われる記事

【3倍レバレッジ】TECL対SPXL大暴落麓決戦!【リーマンショック】 - 日々の生活をがんばるブログ

【3倍レバレッジ】SOXLについての過去暴落時を疑似検証します!【リーマンショック】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジは「減価」だけじゃなくて「増加」のメリットもある

【調査】レバレッジの複利効果の疑問について解消します【算数レベル】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

過去の暴落時期にレバレッジ投資していたらどうなるか編

【SPXL】今回の暴落が1970年台型だった場合の状況をシミュレーションします【3倍レバレッジ】 - 日々の生活をがんばるブログ

【調査】当時のリーマンショック時のダウ平均を改めて確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【SPXL】リーマンショック時の暴落期間を改めて確認します【90%減】 - 日々の生活をがんばるブログ

世界恐慌が発生した場合をシミュレーションします(S&P500編) - 日々の生活をがんばるブログ

世界恐慌が発生した場合をシミュレーションします(SPXL編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジ商品をある程度利益を得たら売却もしくは等倍商品にスイッチした場合の結果

・単純に売却しただけの場合

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その1(世界恐慌編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その2(ベトナム戦争編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その3(ITバブル崩壊編) - 日々の生活をがんばるブログ

・売却後S&P500にスイッチした場合

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その4(世界恐慌S&P500編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その5(ベトナム戦争S&P500編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その6(ITバブル崩壊S&P500編) - 日々の生活をがんばるブログ

【レバレッジ】ドルコスト平均法による都度売却投資法検証その7(平常時編) - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

FANG+についての検討記事

【等倍】FANG+を積立投資したらどうなるか確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【2倍レバレッジ】FANG+2倍レバレッジを積立投資したらどうなるか確認します - 日々の生活をがんばるブログ

【FANG+】過去暴落時のFANG+の結果を銘柄を減らして検証します - 日々の生活をがんばるブログ

【滅亡フラグ回避】iFreeレバレッジ FANG+投資先であるETNについて - 日々の生活をがんばるブログ

 

セゾン・グローバル・バンガード・ファンドについてのドルコスト平均法結果

【積立】セゾングロバラとドルコスト平均法の相性は残念な結果でした - 日々の生活をがんばるブログ

 

レバレッジと乖離についての検証記事

【TECL】乖離が発生したらどうすればいいかをまとめました【放置でOK】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

金利についての所感、感想

【SPXL】過去の超金利高の時の株価を調査します【雑談】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

株主優待クロスと時給換算

【働くお金】株主優待クロスを時給換算で考えます - 日々の生活をがんばるブログ

 

株主優待でもらって地味にうれしかったもの(※自分用備忘録)

今まで株主優待で貰って嬉しかったものを列挙します - 日々の生活をがんばるブログ

 

人生におけるレバレッジ比率についての考え方

SPXLは1.75倍レバレッジが最適らしいが私が投資を辞めない理由 - 日々の生活をがんばるブログ

 

高配当株再投資戦略を最初から目的としてはいけない理由

SPYDや高配当株の配当再投資戦略なんてお止めなさい【お節回】 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

 

 

f:id:okometsubu-blog:20200724142416j:plain

 

【iFreeレバレッジ】レバナス思い出話とインデックス投資結果(2022/01_3週目)

株式の大暴落!

 

というのが始まっているらしい。理由とかはよく分からない。とにかく暴落が始まっているということだけは確かだ。

 

噂によるとまだまだ全然暴落は完了していないらしく、しばらくは停滞するだろうといわれているような言われていないようなそんな雰囲気。

 

実際のところ、私はまだ調べていないのでどのぐらいひどい暴落が始まっているのか見当もついていないが、「レバナス」という言葉がツイッター上でちらほら見受けられるようになってきた。

 

いやはや、投資を開始した頃と比べてなんとメジャーな言葉になったものか。

 

そして面白いのは「減価するから長期投資は不向き!」という会話が再浮上していることだ。実に懐かしい。

 

結論から言えば減価自体は指数に対しても発生していて、レバレッジ銘柄はその減り幅がレバ無しのソレより大きいというだけの認識だ。たしか。もう数年前のことだから詳細は忘れたが結論から言えば確かそんな感じ。

 

とはいえ面白くないのは、暴落が始まってからドヤ顔でその話で躍起になっているところか。特に情報が遅いというか今さらな情報(※かつ若干間違ってる)でドヤ顔してる人。

 

まぁドヤ顔で今さら発言している人は面白いだろう。人間、他人の不幸は蜜の味なのだ。今まで指数で頑張ってきている隣でレバレッジETFでガンガン稼いでいる人を見ていた屈辱がパワーとなって今、暴落しているところで鬼の首を取ったように話題に挙げているんじゃなかろうか。

 

私は人間が嫌いなのでそういう目線で見てる。人間大概こんなもんよ。私も例にもれず「他人」の不幸は見る分には好きよ。性格悪いので。エンタメ見てるようなもんでしょって感じで見てる。

 

話が脱線しました。

 

じゃあ実際どんぐらい下落したんでしょう。ちょっと結果発表前になんとなく1年間の結果見てみましょうか。面倒なので公式サイトから引用しました。

 

iFreeレバレッジ NASDAQ100 / 大和アセットマネジメント株式会社

https://www.daiwa-am.co.jp/funds/detail/3377/detail_top.html

 

f:id:okometsubu-blog:20220123222215p:plain

 

うーん。なんだ。まだ年初の価格とそんなに変わってないじゃないの。言うほど下落してるのかこれ?今度ネタがてら見てみようかな。ビットコインとかと比較してみたい。

 

ともあれこれだけ「レバナス」という言葉が世間一般まで響き渡っている所をみると、その仕組みを理解している人がどれだけいるのか、という考えも頭をよぎる。

 

正直、これからが本当の地獄になる可能性もある。レバレッジETFだからだ。

 

ここで買い増しできる人が勝者だ!

 

みたいな信者側の発言も見受けられたが、むしろこの程度の暴落でこんな発言しちゃダメでしょとも思う。2倍とはいえNASDAQ100の2倍レバレッジETFだ。ボラの激しさはSPXL並を想定しなくてはだめだ。「ここ」でと断定しているところが面白発言なのか相場を読み切っての発言なのか。個人的には「ここ」じゃない。定額積み立てていくレベルなら全然「ここ」でもいいけどねってレベル。

 

もちろん、ここで購入してリバウンドすること可能性は十分ある。ただ、もし本当に「リーマンショック」や「ITバブル崩壊」並のものが来たら完全に「再起不能(市場からのリタイア)」になるので注意が必要だ。レバレッジETFは戻りが本当に遅いのだ。「ここ」で全財産投資する並のことをやるのは恐怖しかない。

 

まーどの程度買い増しするかって話なんだけどね。全体の資産におけるポートフォリオでどの程度入れるのかってだけの話。当然、ちょいちょい買い始めても全然いいとは思う。ただ、「リーマンショック」や「ITバブル崩壊」を視野に入れるなら全然今買い出動するのは早計過ぎる。

 

・・・とまぁ偉そうに言ってるけど、私はもうレバレッジETFはほぼ引退状態なので外野のヤジと同じレベルということだ。いや、一応毎月楽天カード分だけつみたてやってるけどね。それもこの考え方の元に実施しているので特に問題は無いと思いたい。最悪5年~10年は復活に時間がかかる可能性は見ているが、それはすでに考慮している。

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

 

これの大元の考え方。こっちだと50~75%利益でるまで数年以上かかるから割とガチで長期目線。私は以下の投資方法を「レバナス」から「ビットコイン」に変えるぐらいでちょうどいいと思っている。

 

okometsubulog.hatenablog.com

 

ということで、レバナス信者の強気発言も面白半分でレバナスの減価をどや顔している人もいるカオスな状況はまだまだ続くかなと思った次第。

 

いや、しかし本当に「レバナス」って言葉がいたるところから聞こえてきてビビるわ。今見たら純資産額1700億円で総口数490億になってた。すげぇなぁ。当時は50億口数だったのに。

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

では一番重要な総口数はどうでしょうか。というのも、総口数30億がボーダーラインであり、ここを下回ると将来商品自体が無くなる事態、償還される危険性があるためです。

 

(54.30 / 14,712) * 10000 = 36.9億口数

 

やりました!NASDAQ100は総口数が30億を突破しています!

 

2年前、投資信託は30億口数がボーダーラインでギリギリ突破したぐらいか。いやはや、ずいぶん有名になったものです。で、上記2年前の記事だと価格は14712円であり、今現在は34,278円なのでダブルバガー余裕でした。まだ「減価で長期投資は危険!」とか言ってイキるのは早いし言葉が流行るのも早いなぁって思うレベル。

 

せめて80%ぐらい下落してから流行ってほしいと元レバナス信者が思うのでした。やっぱ思い入れはあるよね。懐古厨なので。

 

ということで、結果発表見てみましょうか。

 

f:id:okometsubu-blog:20220123224402p:plain

 

ほほー!これは確かに草が生えますねぇ!!

 

あっという間にレバナスは15%弱の下落で、FANG+もついにマイナス突入してしまいました。その中でも安定してるのはS&P500の2倍レバレッジ。まだ11%プラスです。

 

正直このS&P500の2倍レバレッジはかなり好印象なのですが、当時いかんせん総口数が少なく、投資信託のボーダーラインといわれる30億口数より圧倒的に少なかったため、投資を断念した記憶があります。

 

現状みたら92億口数なので、余裕で耐えられそうですね。とはいえもうビットコインに投資することにしてるのでこちらは楽天ポイントの100円積み立て投資をして利益とかのパーセンテージを楽しむ枠としています。

 

さて、先ほどもお伝えした通り、私は「レバナス」に対してほぼ引退している所があると同時に、10%利益がでたら売却するという形で運用中ですので、大した金額は投資していません。見てもらえる通り、現状たった5万円ぐらいしか投資してません。すでに何度か売却済みであり、被害は軽微ということです。

 

先ほど過去記事でも書いた通り、「世界恐慌」レベルが来たとしても5~6年積み立て投資をすることで何とかプラスに持ち込める算段なので、最悪その期間は見る予定。最悪商品が無くなっても人生終わるレベルの投資はしていないのでセーフとしております。

 

では次に、なぜ「ボラが激しい」が「将来右肩上がりが期待できるETFを推奨するかを述べます。以下過去検証記事となります。

 

okometsubulog.hatenablog.com

 世界恐慌開始(高値)から20年間、毎月積立した場合

1929-09-03(高値)~1949-09-02(30年後)として、毎月100ドル投資した場合で見ます。

 

f:id:okometsubu-blog:20200512173343p:plain

 

 

結局「積み立て開始時」が0円からスタートした場合、復活速度というのはレバありもなしも言うほど変わらないんだよね。なので私はフットワーク軽くするために積み立て額なくして楽天カード1%と10%の利益を都度もらっているという形。本来はそこからQQQへスイッチするのが理想だし、10%如きじゃなくて50%~75%利益がでたら「QQQ」に全額スイッチすることで安全だよなっていう流れを見てる。これは先ほどの過去記事の通りなので割愛。

 

結局、積み立て投資の開始時点で投資額が0の状態から積み立て投資すれば、嫌でも平均取得単価をガンガン下げながら掘り進むことができるし、米国株なら数年したら多少戻るだろうという期待もあるし、「世界恐慌」の最低最悪な環境でも5,6年でなんとか戻している所をみるに、まぁ、ITバブル崩壊がきても「商品さえなくならなければ」大丈夫だろうということは考慮してる。

 

ただし20年ぐらい相場にゆとりがある人向けね。私はまだ20年は相場にいる(※人生の終わりで利確をしない)と思うので、5,6年ぐらいなら普通に積立します。

 

・・・まぁ私が迷ってるのはたかが「レバナス」如き2倍レバレッジ程度でそれをやらないで「ビットコイン」でやりたいんだよなっていうのはあるんですがね。というか、ぶっちゃけ自転車操業してるのでビットコインに全集中しすぎて現金が枯渇して税金今年払う分で生活費全部飛びそうでやべぇ感じではあります。

 

話が脱線しました。

 

ビットコインだと楽天カードの1%のポイント付かないし、ついたとしても楽天ウォレットとかいう所で買う気は全くない(※販売所でスプレッド2%とか手数料取られる)ので結局自動で放置しつつ途中売却するなら「レバナス」で十分だなという結論で投資を進めております。

 

これが後5年後になったらやめるかもなぁ。リタイア始めてる頃だと思うので、無理にポイント取りにいかなくてもいいよなっていう感じ。

 

ということで、レバナス自体は応援してますし、たかがレバレッジ2倍ETFなので最大でも95%程度の下落ぐらいで済むだろうと思ってるし高値まで2,30年あれば復活するだろうとも思ってるので、今後の活躍に期待しております。

 

でも私はこんなストレス溜まる所にガンガンお金入れるぐらいならビットコインでいいよなって思うのでした。

 

okometsubulog.hatenablog.com

正直世界恐慌をSPXLにぶつけた場合はあまりにも酷すぎるので現実的な所でリーマンショックとしました。実際どのぐらいで復活するでしょうか。

 

f:id:okometsubu-blog:20210126164342p:plain

 

終結

  • SPXL:約9年 (2007-10-10~2016-07-26)
  • TECL:復活出来ず(2000-08-31~20年経過しても復活不可)
  • BTC:約3年(2017/12/16~2020/11/30)

 

あのマイルドなSPXLでさえ9年も復活まで時間がかかりました。さらに言えば、リーマンショック前にITバブル崩壊があり、そこから取ってしまった場合はSPXLの場合でさえも確か15年程復活に時間がかかりました。

 

 

 

f:id:okometsubu-blog:20220123231052j:plain

 

 

 

【BTC】暴落が始まっているがどこまで下落するかを想定すればいいか

f:id:okometsubu-blog:20220122212958p:plain

 

ということで、ビットコインさんが下落真っ只中にあります。辛いねぇ!!

 

上記はBTC-0627なので現物より若干高値なのですが、それでも3万ドル割れるんじゃないかとか色々言われております。

 

ということで、2.5~2.7万ドルあたりに指値を置いてあります。BTC担保のレバ1倍の低レバで攻める形。ちょっと買い指値部分は後で微調整するかも。この記事かいてて思うところがあった。最後にまとめ欄で考察します。

 

といても直近高値から52%程度の下落幅ということなので、過去の実績上まだまだ下落余地はあるってもんです。大昔調べたときのやつ。

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

1年毎の下落回数(60~90%下落回数)

回数調査 60% 70% 80% 90%
2010 0 0 0 0
2011 2 2 1 1
2012 0 0 0 0
2013 1 1 0 0
2014 2 1 1 1
2015 1 1 0 0
2016 0 0 0 0
2017 0 0 0 0
2018 2 1 1 0
2019 0 0 0 0
2020 1 0 0 0

 

 

これを見る限り、80%下落は大体4年に1回程度起こっている雰囲気。前回が2018年なのでまさに今年の2022年は起こりうる可能性が高そう・・・高そうじゃない??

 

となると、80%下落で約1.5万ドルぐらいまで落ちる可能性は否定できません。

 

とはいえ今回の半減期ボーナスでのATHの値は過去のそれに比べて全然大したことはありませんでした。以下過去の半減期ボーナスの上昇幅。

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

過去の暴騰時期

f:id:okometsubu-blog:20201121225915j:plain

 

 

斜めの棒が暴騰時期でその右側の○が底値付近と言う感じで行きます。

 

纏めるとこんな感じ。開始時期はかなり適当に決め打ちです

 

暴騰時期 → 底値

全て終値ベースの考え方となります。

  1. 2012/09/01($10)~2013/04/09($230) → 2013/04/16($68.4)
  2. 2013/10/02($123)~2013/12/04($1237.6) → 2015/01/17($199.6)
  3. 2016/08/02($513.4)~2017/12/16($19345.5) → 2018/12/15($3228.7)
  4. 2017/03/24($939.7)~2017/06/11($2973.4) → 2017/07/16($1914.1)
  5. 2018/12/15($3228.7)~2019/06/26($13063.8) → 2020/03/12($4826)

暴騰威力とその後の下落率

  1. 23.00倍 → -70.26% ($10→$230→$68.4)
  2. 10.06倍-83.87% ($123→$1237.6→$199.6)
  3. 37.68倍-83.31% ($513.4→$19345.5→$3228.7)
  4. 3.164倍 → -35.63% ($939.7→$2973.4→$1914.1)
  5. 4.046倍 → -63.06% ($3228.7→$13063.8→$4826)

 

 

今回の半減期ボーナスの始点を1万ドルぐらいとするならば、たった7~8倍にしかなっていないということなので、そこから80%下落はそんなにないかなぁ・・・と思いたい所さん。ですが、普通に80%下落しても不思議ではありません。

 

そう思うと、70~80%下落の1.5万ドル~2.1万ドルぐらいは割とガチで下落することを視野に入れた方がいいかもしれません。

 

ということで、1万ドルまで下がってもロスカットされないポジションでちょいちょいロングしていこうかなという形で進めている感じです。

 

買えなかったら買えなかったでそこまで下落しなくてホッと一安心、下がったら下がったで超絶安く買えるチャンスということで。

 

私は当初からそのぐらい下がることも考慮した上で投資してるので1万ドルまで下がってもへっちゃらなのです!!!(※震え声)

 

割と冗談ではなくて私の平均取得単価が大体200万円前後なのでその辺も考慮した形で投資しています。まー、下落無しで1000万円は超えてほしかったのは本音も本音なんですけどねぇ。そこは本当に残念。

 

とはいえそこまで落ちても全くビットコインに失望することは無いし、むしろ買い目線でしかないですというか実際買う予定です。

 

さて、では次に本当にそこまで下がるのかという話なのですが、まずはCME窓が実は結構開いてたりします。CME窓については過去記事検索したりググったりしてみてください。

以下TradingViewサイトより。赤丸はこちらで加筆した部分。

 

f:id:okometsubu-blog:20220122220351p:plain

 

 

それぞれの終値

  • 3.2万ドル
  • 2.35万ドル
  • 1.8万ドル

 

が開いているように見受けられます。つまり、この窓を閉めにくる場合は少なくとも1.8万ドルまで下がる可能性は否定できません。ここまできたら3.2万ドルは埋めてくるんじゃないかなと思わなくもない。

 

ただCME窓についてはただのアノマリーであり、必ずしも埋めにくるものでもないですが、かなりの勝率を誇っているので可能性としては覚えておくといいかもしれません。

 

とはいえ、上の窓である5.3万ドルもあるので下の方を埋めたら今度は逆リバで5.3万ドルまでは信じてガチホできそうな雰囲気は持っているといった具合です。

 

ということで、仮に1.5万ドルまで落ちてもいい形でロングあるいは現物を買っていくのが正しい形かなと信じています。※あくまで私が信じているだけです

 

で、もう一つがこちら。オンチェーン分析のCryptoquantの中の人のKiさんのツイートより

 

 

昨年11月の結果ですが、32K-40K当たりがサポートラインとしてあるが、その下はスッカスカらしくて9K-10Kぐらいまで落ちるらしい。何それ怖い。

 

で、上記がなんでそうなってるかはさっぱりわかりません!!

 

じゃあ書くなって言われそうですがこういうのは割と当ててる人の情報参考にしとけばいいんだよ!!

 

ということで、32Kを割ってきたら結構ヤバイ雰囲気があるということだけ覚えておきますし、低レバロングする場合は早めに利確しちゃうかなぁとも思ってます。

 

・・・とまぁ、色々怖いことばかり書きましたが、去年のコロナショックの時も似たような形でどんどん暴落するから怖い怖い言ってたけど結局リバウンドして二番底は無かったこともありますので、今回も恐怖に対して対策を取ってもリバウンドして対策不要だった、が一番良いシナリオかなと思って挑もうかなと思います。

 

そもそもほぼ全資産BTCなのであえて頑張って買わなくてもいいのだ。というか今年は納税しまくることになるのでガチで日本円無いので普通に「つみたてNISA」を一時停止するまである。割とマジで。

 

 ということでまとめましょうか。

 

まとめ

  •  過去経緯から4年に1回は高値から70~80%下落は発生しているので、ガチで1.5~2.1万ドルあたりまでは落ちる可能性を考慮する
  • もっとヤバイ1万ドル付近までサポートが無いらしいということも頭の片隅に入れておく
  • 2.35万ドルのCME窓当たりを意識して現物買い指値を入れてもいいかも
  • まさかの1万ドルまで落ちたらもう諦めて日々のお小遣いとか最悪「つみたてNISA」売ってBTC買っていくかも
  • 1万ドルまできたらレバレッジトークンを少額買っても面白いかもね

 

 つみたてNISA売りは人生終わるのでさすがにしないと思いますが、それぐらいの気持ちで戦いに挑むかなぁと。株式も当然ガッツリ下がってると思いますが、BTCよりかは下がってないでしょう。80%下がることは無いってことよ。株式を売ってリバランスみたいな感じになるかなって思ってます。

 

ともあれ、私はすでに現金が無い貧乏人なので3万ドルラインで欲張って指値しないで2.5万ドルあたりから買い指値して様子見していくことにします。刺さんなきゃ~全然OKなのよ!それならそれでノーリスクノーリターンなだけなので。

 

流石に2.35万ドルでも止まらなくて1万ドルまで下がったとしても大体60%下落程度で済むのでそれならそれで問題ないかなという感じで進めます。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20220122223152j:plain

 

【SLP】アンケートサイトをやった方が儲かる所まできてる【Axie】

SLPという通貨があります。高値で0.3ぐらいあったと記憶していますが、今はこんな感じです。

 

f:id:okometsubu-blog:20220121184140p:plain

 

当時の高値から見たら95%程度は下落しております。やったぜ!!!

 

で、この通貨は「Axie Infinity」というポケ〇ンチックなゲームでクエストなり対人戦に勝利したりするとSLPを実際にもらえたりします。

 

少し前までSLPはその内あがる仕組みを導入してくれることを期待していたのですが半年経っても一向に何もやってくれずにここまできてしまいました。非常に残念な状態です。

 

つい先日、AxieをバーンすることでLANDのアイテムに変換するとかいうのを実装したのですがその効果もむなしく0.0157ドルという価格水準まで落ちに落ちている状況です。

で、ここで思ったのがAxieInfinityでの稼ぎについて。

 

私はこのゲームを毎日死んだ目をしながらプレイしてるのですが、大体1.5~2時間ぐらいでながらプレイしています。今は裏でWeb小説読みながらやってる。

 

で、1日の稼ぎが大体100SLPぐらいなんですね。つまり、今の価格帯でいうと1.57ドル。日本円で約180円といった所でしょうか。ちょっと前までは1日1000円ぐらい稼げたのですが残酷なものです。

 

私はこのゲームに20万円つかって参入したのでもし180円だとすると元本を取り戻すのに3年かかってしまいます。が、SLPを見限って途中で売却したので難を逃れて一応元本回収は完了してる形です。

 

f:id:okometsubu-blog:20220121214207p:plain

 

一応見限った時の記事。結局移行先がAXSなのでガッツリダメージ食らってますが、それはそれ。SLP単体で見たら一応元本回収は完了した状態です。

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

 

さて、話を戻してSLPの日々の稼ぎについて。

 

現在1.5~2時間で大体180円の稼ぎです。仮に1.75時間で割り算したら大体103円/時ということになります。

 

で、タイトルにも書いたのですが、日本ではアンケートサイトというアンケートに答えるだけでポイントをもらえるサイトが複数存在しています。

 

その中でマクロミルというところで以前アンケートに答えていたのですが、RTAさながら頑張って高速に答えてタイムを計った所、時給200円ぐらいの稼ぎを得られたんですね。

 

そうです。つまり、今Axie Infinityでゲームやるぐらいなら、アンケートサイトでポイント稼ぎをした方が圧倒的に有利なのです!!!

 

しかもアンケートサイトの方がメリットが大きいように見受けられます。Axie Infinityとの違いを見てみましょうか。

 

アンケートサイトのメリット

  • Axie Infinityやるより今現時点で言えば時給が高い可能性大※ただしRTAさながら高速にやればの話
  • 元本不要で参入可能
  • 日本円に直す時にガス代とか気にせず交換可能。SLPの場合は送金とか取引所で円に戻したりと手数料もかかるのでその点もつらい

 

とにかく元本不要で参入可能なのは非常に大きい。

 

現状のAxie Infinityは大体3万円ぐらいあれば参入できるのですが、それで時給がアンケートサイトと同等というのは結構厳しい。3万円を回収できないかのうせいすらあるのです。

 

で、SLPの価格が高騰することを信じてAxieやってもいいのですが、だったらアンケートサイトで儲かった分のSLPを買えば同じことだったりします。

 

そうなるとAxie Infinityでゲームする理由がすでに無くなってしまうのですが、アンケートサイトもデメリットがあります。

 

アンケートサイトのデメリット

  • ゲームと違い相手の思考待ち時間がないので「ながらプレイ」ができない
  • アンケートサイトは一つ一つ読まなくてはいけないので頭を使って大変
  • アンケート応募数に限りがあるので1~2時間ぶっ通しで対応することができない。
  • アンケートサイト側に個人情報を登録することになる
  • ゲームでもないのでつまらない

 

Axie Infinityの利点は「ゲーム」を遊んで稼げるという点が一番強いかなと。昔は「ながらプレイ」をすると勝率が下がるのでやらないようにしてたのですが、さすがにここまで価格が下がってきたり毎日プレイしてたりすると「飽き」が着てるので最近は相手の行動とか一切みないで小説読んでポチポチ押してるだけです。

 

とはいえアンケートサイトより楽といえます。本当にポチポチ押してるだけなので。

 

アンケートサイトは整合性を合わせるために自分が何を答えたのか、本当はどう思っているのかもちゃんと把握して正確に回答することが重要だと思っていますが、それも結構大変だったりします。

 

また、アンケート数も数に限りがあるためずっと対応することもままならない。

 

ということで、アンケートサイトはアンケートサイトなりにデメリットが多いです。

 

ということで、個人的にまとめると、

 

  • Axie Infinityというゲームが気になってるなら別に参入してもいいが、元本回収までが苦行になるかもしれない
  • 今現時点で言えば無理してやらなくてもいいかもしれない※けどやる
  • SLPは都度AXSに変えるようにする(※ただのイメージ)

うーん。やっぱ今から参入するぐらいならアンケートサイトでいいよなって思う。ただし、参入するのは楽になってて当時は20万円ぐらいだったけど今は3万円あれば普通に遊べるので試しに入るのはアリかもしれない。NFTゲーム初体験とかしてみてもいいかもね。

 

f:id:okometsubu-blog:20220121215816p:plain

 

ビットコイン(BTC)と関連銘柄報告会(2022/01_3週目)

今日の雑談日記。

 

無職転生のWeb小説読み終わりました。人を選ぶけど面白いの一言。ものすごいボリュームなのに一気に読めた。サブシナリオっぽいのもあるのでこの後読んでいこうと思うんだけど、後日談とかは商用であったりするのかな。かなりはまってしまったのでちょいちょいウォッチしていきたい。

 

というかアニメで完結までやるの無理でしょこれ!ボリューム多すぎるわ!!

 

他にも以前コメントでオススメの作品とか教えてもらったので時間ができたら読んでみようかなと思ってワクワクしています。そうしてやりたいゲームとかアニメとかが積まれていくのでした。

 

ということで割とどうでもいいビットコイン結果。ぶっちゃけ250万円まで落ちちゃってもいいと思ってるのにまだ500万円前後にいるんだから全然高いよねって肌感覚思う。

 

BTC結果発表

全投資額:¥25,671,772

現評価額:¥65,850,785→ ¥62,415,082

現在のトータルリターン:¥40,179,014→¥36,743,310

利率:+156.51%→ +143.13%

 

ちょっと下がったようです。

 

疑似BTC銘柄

f:id:okometsubu-blog:20220120223524p:plain

 

全投資額:$103,792.66

現評価額:$100,573.30→ $85,130.57

現在のトータルリターン:-$3,219.36 -$18,662.09

利率:-3.10%→ -17.98%

 

うおお!全部赤字!!

 

全然関係ないTIPも赤字になってるのは面白い。インフレ債もガツンと価格を下げているということか。

 

なんか最近株が大幅下落みたいな話を見たのですが、こっちの銘柄もガツンと食らっているという感じですね。残念・・・!

 

ジュニアNISAも買った後に下がっちゃったのでがっかりっす。

 

で、去年の記事を読みなおしたのですが、1月はあんまり積極的に投資しないほうがよさげっぽそうでした。

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

 

まーね、ただのアノマリーなんでね。投資はさっさと投資する方が良いっていうしね。くそぅ!!

 

ということでジュニアNISAもMARAにガッツリ入れ終わりましたので、やはり300万円代になるまでビットコインは様子見になりそうです。その辺来たらちょっとずつ買ったり、低レバで買ってスイング売りする形で対応するかなぁという感じで考えておきます。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20200406210347j:plain

 

お金と家族のバランスが重要だがやはり早期に金が欲しい

昨日から皆様から色々ご意見いただきありがたく思う日々でございます。こんなYah〇o!掲示板みたいなことになるとは思ってもみませんでした。ありがとうございます!

 

 

okometsubulog.hatenablog.com

 

 

昨日医療費無償の件で妻から色々言われてガッカリしてたのですが、皆様からご指摘いただけている通り、まぁ~よくある夫婦間の話に至るわけです。

 

よくある夫婦間トラブルなやつ

以下主観でございます。

  • 夫婦というのは常日頃些細なストレスがあってそれが徐々に蓄積している
  • ポイ活とかエアドロ、ゲームで稼ぐとかの部分で時間を取られてしまい家族のことがないがしろにされているんじゃないか
  • 妻の考えとして元々ポイ活とか小銭を稼ぐ行為をあんまり積極的にやる人じゃなかったので理解を得られるのにすごい時間はかかっている背景がある
  • 医療費無償の件はその辺の氷山の一角で妻がイラッとしていったんじゃないか

 

要約すると

 

金金金!夫として恥ずかしくないのか!!!

 

ってなわけです。

 

妻から見たらみみっちい作業に時間を取られるぐらいなら家のことをもっとやってほしいとか思ってる所があるのかもしれません。

 

まぁそうよね。ブログも毎日書いてるしポイ活も自〇化とかでごにょごにょやって時間短縮してますがゲーム(Axie Infinity)で稼ぎ出してるし、妻からみたら遊んでるように見られてないことでしょう。

 

後は決済をカード払いとか各種Pay払いにするとか。

 

・・・いや、実際ブログとかAxieとかは完全に遊びなんだけども。遊びなんだけども!

 

とはいえそれを妻に強要していないし、「出来たらクレカ払いぐらいはやってくれたらなぁ~ちらちら」くらいにとどめていて後は自分で全部小銭稼ぎを実践してるわけです。

 

でもやっぱり、ミミッちく見えるんでしょう。家族のことをないがしろにしているつもりはないですが、やはりそれでも家族の対応で不満があるようです。

 

といっても、妻、まだ働いてねぇんだけどな…それ言ったら烈火の如く怒るので言わないようにしてるけども。まぁ働く気はかなりあるし、子供が小さいので家にいてもらっているのは私の意見でもあるのですが、やっぱ経済怖いから私としては小銭でも稼ぎたいのです。

 

そういう背景が積み重なって色々ストレスになってるんだろうなぁ。

 

で、子供が小さい時にこそ家のことをやった方がいいとは思うのだけれども、投資家目線で言うとむしろ最初のうちにガンガン小銭を稼いで投資に回したほうが圧倒的に優位になるというのはもうこのブログ初めてから学んだことなので、やっぱり早期に金が欲しいんだよ!!!

 

ということで、私も例にもれずお金のことばかり考えて生活してます。早く不労所得者になってなんも考えない生活したい!!!

 

というか、ビットコインに全財産ガッツリ入れてるし、つみたてNISA分を払いつつも生活費も稼ぐ。子供の養育費も稼がなければならない。となるとやっぱり小銭稼ぎは続けなくてはならないし、医療費無償もやっぱ、できれば利用したいなぁと思うのでした。

 

ビットコインなんて電子ゴミで価値は0だから無一文みたいなもんだからな!!!

 

話が脱線しました

 

こういう記事書くと、やっぱり書いた人が正当になるように見えちゃうので私が正義っぽく見えちゃうのですが、それは「私」目線で見た話なので、実際は私が悪いところが大量にあって妻が滅茶苦茶ストレス抱えてる部分もあるんだろうなぁと思ってはいます。

 

思ってるけど、ともあれ私に対して「ゴミあさり」だの言われたのはまだ怒ってます。そこまで言うことないだろ・・・って。まだ冷戦状態。ガチで私は人として器が小さいのでもー全然許せないね!!いや、許せないというかもうどうでもいいというか。

 

いつもは大体私が折れて謝って終わるのですが、今回は残念ながら謝る気すら起こりません。

 

ということで、今日もブログがただの愚痴大会になってしまったのでした。お目汚し失礼しました。

 

 

 

お騒がせしました

昨日、ついカッとなって勢いで記事投稿してしまいました。

 

また、コメント多くいただきありがとうございます。心配頂いてすいません。反響多くてビビってます。

 

よくある夫婦間のトラブルでお互いのストレスが溜まっていった所だったのが発端かなというあるあるな奴だと思います。お騒がせしました・・・

 

とはいえ割とショックを受けてるので現状会話らしい会話はしていない状況という感じです。ぶっちゃけ普通に会話もしたくない。頭では理解してるけど心がついてこねぇんだよ!!

 

そんな状況だからもうブログ書く気力もないのでお開きだお開き!解散!!

 

なんかすいません!!!