Civilization4プレイレポ_宇宙勝利編その8

こんにちは。okometsubuです。

 

今回でCivilization4プレイレポ第8回目となります。今までの内容の続きとなりますのでご了承下さい。

Civilization4プレイレポ_宇宙勝利編その1 - 日々の生活をがんばるブログ

Civilization4プレイレポ_宇宙勝利編その2 - 日々の生活をがんばるブログ

Civilization4プレイレポ_宇宙勝利編その3 - 日々の生活をがんばるブログ

Civilization4プレイレポ_宇宙勝利編その4 - 日々の生活をがんばるブログ

Civilization4プレイレポ_宇宙勝利編その5 - 日々の生活をがんばるブログ

Civilization4プレイレポ_宇宙勝利編その6 - 日々の生活をがんばるブログ

Civilization4プレイレポ_宇宙勝利編その7 - 日々の生活をがんばるブログ

 

 

前回までのあらすじ

 

  • 蛮族都市を落として予期せず10都市を達成
  • 教育開発後、大学を6都市で奴隷・伐採・宗教の組織化を使い早期に建設。首都に国家遺産となる「オックスフォード大学」の建設を完了させる
  • 他国(ヒンズー教)で世界遺産バチカン宮殿」の建設が完了。全都市にヒンズー教を広めて「僧院」「寺院」を建設予定
  • 研究は自由主義一番乗りを目指して後は流れでお願いします

 

都市開発及び技術開発両方において極めて良好、隣国との仲も慎ましく暮らせています。

 

 

哲学開発完了 - 149ターン目(AD780)

 

f:id:okometsubu-blog:20190926212424j:plain

 

哲学」の開発が完了。これにより「平和主義」を採用可能となった。この社会制度を採用すると、偉人ポイントが+100%増加し、更に戦闘ユニットが少なければ少ない程国の維持費が安くなる制度だ。

 

f:id:okometsubu-blog:20190926212530j:plain

平和主義

 

我が国は小屋経済のため専門家を雇う都市が少ないため恩恵は少ないが、「偉人都市」は1つあり、かつ、戦闘ユニットが殆どいないため採用することで維持費削減にもつながる。ただし今現在は「宗教の組織化」による+25%ハンマーを優先。バチカン宮殿の恩恵を受けられるヒンズー教の「寺院」と「僧院」を急ピッチで作成中であり、全都市で完成の目星がつき次第「平和主義」へ移行予定だ。

 

ヒンズー教改宗恐喝 - 150ターン目(AD800)

ラニエからヒンズー教への改宗依頼。通常プレイであればお断りするところだが、我が国は「宗教志向」持ちであり、宗教変更による革命が起こらないため受け入れてみる。「宗教志向」とはつまり、外交で有利な志向ともいえる。

 

f:id:okometsubu-blog:20190926212602j:plain

AIは頻繁に恐喝にくる

 

これにより、始皇帝と最大の好感度である「親しみ(※黄色顔アイコン)」まで発展。宗教を合せるだけで最大好感度になるぐらいには仲良くなったようだ。但し、これによりシャルルマーニュとの仲が「警戒している」まで悪化。正直かなり冷や冷やもので、ここは失敗ポイントだったと思われます。しかしながら、オラニエも何気に隣国なので無下にもできない。難しい所です。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20190926212739j:plain

各国との友好度。黄>緑>灰>深緑>赤の順で友好度が高くなる

 

なお、革命による無政府状態を避けることはできるが、一度制度を変更すると、次の変更は5ターン経過しないとできないことに注意すること。

 

 

自由主義開発残り1ターン - 152ターン目(AD840)

自由主義残り1ターンまで来ました。ビーカーの量はギリッギリあと少し注げば達成する所まで調整しています。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20190926212909j:plain

ギリギリまで注げばいざという時すぐ取れる

 

以前説明したように、「自由主義」を一番最初に開発した文明は開発可能な新しい技術を「無償」で入手することが可能です。つまり、開発可能な新しい技術のコストが重ければ重い程、その恩恵を受けらるというわけです。

  

さて、ここで考えるのは他国の開発状況です。「自由主義」を開発するには前提条件があり、「教育」と「哲学」の二つを持っている必要があります。つまり、どちらか片方だけでは「自由主義」を開発することすらできないのです。

 

そこで、他国の技術開発状況を見てみましょう。

 

f:id:okometsubu-blog:20190926213022j:plain

各国の技術状況

 

一番左の列を見ると分かりやすいです。「必要技術」列は次に研究可能な技術が書かれています。始皇帝は「哲学」の表示が無く、すでに取得しているものと考えられます。しかしながら、教育に至っては全指導者が保有しておりません。教育はビーカー2691と非常に重い技術であり、これが完成するのは相当先の話になると思われます。

 

つまり、他国が「教育」と「哲学」を持った時点でタイムリミット、ということになるわけです。その場合はすぐさま「自由主義」を確保して、適当な技術を入手するのが無難でしょう。

 

さて、では我が国は「自由主義」で何の技術を得るか。高難易度であれば、他国が持っていない最新技術を貰って技術交換に使うという手もあります。しかし我が国は技術最先端であり、もう技術交換でほしいものがあまりありません。よって、そこそこの研究力が必要であり、かつ、内政を発展させる「憲法」辺りを無償で取得しようかと思います。他国の「教育」「哲学」開発状況を見るのが面倒だったため手ごろな技術で手を打った感じでもあります。その途中の「ナショナリズム」を開発し、ついでに世界遺産タージマハル」を建造してみましょうか。説明については開発後にします。

 

本当は「ナショナリズム」より先に「活版印刷」を先に開発して内政を整えた方が良い気がします。「活版印刷」とは、全都市で村タイルや町タイルのコイン+1がタイルに追加されます。小屋経済の我が国と相性抜群です。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20190926213601j:plain

村や町タイルでコイン+1

   

ナショナリズム自力開発 - 157ターン目(AD940)

憲法」の前提となるナショナリズムを自力開発。社会制度である「国民国家」を採用できるようになり、世界遺産タージマハル」を建造可能になった。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20190926213638j:plain

ナショナリズム憲法の前提技術。

 

国民国家」とは1ターンに3体まで戦闘ユニットを「徴兵」することが可能となる。徴兵されるユニットはその国が保有する最強の歩兵ユニットが入手可能で、「ライフル兵」であれば都市の人口1人消費で1体ユニットを得られます。効率から考えると最強は「ライフル兵」を生産することです。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20190926213726j:plain

国民国家。徴兵ライフルは実際強い

 

但し、多大なデメリットとして「官僚制」との2択であり、国民国家を採用するとこの官僚制を止めなくてはいけないことと、「徴兵」すると、徴兵された都市が10ターンの間+3不満が発生します。

国民国家採用により「兵舎」で幸福+2なので、


実質全都市で1回は徴兵可能ですが、その次の段階から不満が重くのしかかるので中々使えません。何故なら戦争のための軍拡であり、戦争をすると大量の不満が発生するため、幸福が足りなくなることが分かっているためです。

 

これを解決する方法として「グローブ座」という国家遺産があります。

 

f:id:okometsubu-blog:20190926213853j:plain

グローブ座。演劇を3つ都市で建てる必要があります

 

これはその都市はどのような理不尽なことをしても「みんなニコニコ不満が一切発生しなくなる都市になるのです。毎ターン徴兵し放題!奴隷し放題!みんなニコニコ楽しい都市の完成です!!

 

デメリットは不満は無くなっても「徴兵」や「奴隷」を使うと都市の「人口」が減ることです。そのため、食糧が大量にある都市でやることをオススメします。

 

今回のプレイでは戦争は行わないこと、明確に食糧が大量にある都市が無いこと、「官僚制」という素晴らしい制度を捨てる理由が無いことから未採用です。

 

さて、次に今回の目的である世界遺産タージマハル」の説明に入ります。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20190926214042j:plain

田島春さん

 

これは建設完了時から「黄金期」を発生させる世界遺産となります。以前お伝えしたように、「黄金期」は期間中、革命が起こらないため社会制度や改宗をするのにもってこいです。つまり、「宗教志向」の我が国では恩恵を得られません。ではなぜ建造するかというと、タイルのハンマーおよびコインが+1されるという恩恵を受けられるためです。注意として、これは元々ハンマーやコインを出力しているタイルのみ恩恵を得られます。例えば、草原の「農場」タイルだと「ハンマー」が0出力タイルでは増えないので注意。

 

つまり、黄金期とは大国であればあるほど、都市があればあるほど恩恵を受けられるものであり、我が国は世界有数の超大国であることからその恩恵はかなりのものであることが想定されます。欠点は「タージマハル」建造に700ハンマー必要なことです。非常に重たいため、普通であれば「大理石」によるハンマー+100%のボーナスを受けている国が建造すべきものです。今回は技術一番乗りしているし大国なのでいいかなという感じで適当に作り始めます。

 

黄金期の他の利点として、偉人ポイントも+100%増えること、小屋タイルの成長を+100%にするものがあり、小屋経済、専門家経済どちらの経済スタイルで進めても恩恵を受けられる大変素晴らしいものです。

 

小技紹介(タージマハル編)

ここで小技。「タージマハル」完成のターン時にすでに黄金期であった場合、黄金期のターンが1ターンおまけでついてきます。基本は8ターンの黄金期ですが、9ターンもらえるというお話です。

 

黄金期は「タージマハル」建造の他、偉人消費によっても黄金期にすることが可能なので、建造する場合は意図的に偉人を待機させておくのも一つの手として考えておきましょう。機会があればその際にお見せします。

 

 

自由主義自力開発 - 158ターン目(AD960)

自由主義自力開発。これにより社会制度「信教の自由」を採用可能となった。これは宗教が無宗教になるが、研究+10%と各都市にて宗教の数だけ+1幸福を得られる。現状、シャルルマーニュと仏教仲間になる必要があるので採用せず。

 

f:id:okometsubu-blog:20190926214153j:plain

自由主義自力開発

 自由主義は技術交換で比較的容易に使えるが、他国の宗教が「無宗教」になる可能性がある。これにより自国および他国間同士での関係が大きく見直されることになるため技術を配る際はその点注意しながら進めることになります。

 

さて、なんなく自由主義1番乗りを取れたので「憲法」を頂く事にした。

 

f:id:okometsubu-blog:20190926214217j:plain

憲法無償取得

 

この技術の目玉として社会制度「代議制」を選択可能となった。これは専門家1人に付き、ビーカー+3を得られ、主要都市第3位までの幸福が+3もらえる制度だ。通常は「世襲統治」からの変更となるため、都市を守っているユニットが3人以上いる場合、この「代議制」を採用した瞬間に不満状態になる可能性がある。そのため、主要都市の防衛を3人までにして進めると割と気兼ねなく採用可能な制度です。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20190926214244j:plain

代議制。強いし便利。

 

今回は専門家を雇うプレイスタイルではないですが、偉人都市で使えるので後ほど採用します。

 

また、次のターン「機械」を自力開発。また、「官僚制」の技術も取得していると、戦闘ユニットである「槌鉾兵」が作れるようになる。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20190926214313j:plain


 

戦争プレイの場合、中世~ルネッサンス期で都市襲撃用ユニットとして活躍する。昇進スキル「都市襲撃」が付けられる歩兵ユニットの中で最上位のユニットとなるため、この昇進を付けてからライフル兵へアップグレードすると強力な兵士が生まれる。今回は戦争プレイではないので割愛。ここから細かい技術や内容は省いて説明します。

 

更に更に、大科学者も完成。丁度タージマハルを建造中なので、黄金期要員として待機させます。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20190926214430j:plain

大科学者誕生。2人目の自力生産。

 

今後の進め方

自由主義獲得後の進め方についてですが、以下のテクノロジーツリーから進むべき道を検討します。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20190926214513j:plain

ルネッサンス期の技術ツリー

 

自由主義までは一直線で進めて問題なかった技術の進め方ですが、ここからは多岐にわたって進む先が沢山生まれています。

 

憲法」ルートは専門家を大量に雇うプレイスタイルであれば研究力の底上げになるが、テクノロジーツリー上、「民主主義」をもって終点の技術となる。そのため、必要になるまで通らないで進むことも可能です。

 

経済学」ルートは簡単に言えば交易路が増えるルートで研究力や金銭を稼ぐのにもってこいのルートで、「経済学」は一番乗りで「大商人」が貰えます。状況によりますが、「大商人」一人で金銭1200ゴールド前後を確保することができる強力な偉人です。また、「教育」から派生しており、自由主義後に一番乗りをついでに狙うのはどの勝利条件を狙う場合でも有益に働く可能性が高いと思います。

 

天文学」、「科学的手法」ルートは状況により採用を後回しにする可能性があるルートです。「科学的手法」を獲得すると、「陳腐化」してしまう建造物が多々あり、これらの機能を失うためです。特に強力な世界遺産アレクサンドリア図書館」と「僧院」が陳腐化するため、かなりの痛手となる場合があります。

今回我が国は「アレクサンドリア図書館」は建設しておらず、「僧院」のバチカンハンマー+2と研究力+10%を失う形となります。※但し、僧院による「宣教師」作成の機能は残ります

 

かなりのデメリットがある「科学的手法」ですが、その後の技術である「物理学」や「共産主義」を1番乗りで獲得すると、それぞれ「大科学者」「大スパイ」を得ることができるため、痛みに耐えてすぐさま「科学的手法」ルートを通るのもありです。特に「共産主義」獲得後に採用可能となる社会制度「国有化」が非常に強力であり、戦争プレイのお供に必須レベルで強くて都市管理が楽な制度があります。小屋経済の場合はそれほど重要ではないので、今回はスルーします。

 

蒸気機関」「鉄道」ルートはハンマーやインフラを強化する技術で鉄道により1ターンでユニットは8マス移動できるようになります。これにより戦争が起こった場合に遠くの都市から素早く戦闘ユニットを手配できるため、自衛のための戦争ではかなり有利に戦えるようになります。また、防衛最強ユニットの「機関銃兵」も作成可能となるため、もし隣国と仲が悪いようなら早めに開発してもいいかもしれません。

※もっとも、この時代まで隣国と仲が悪いようなら先行して攻め滅ぼした方が安全です。

 

また、蒸気機関ルート上に「活版印刷」がありますが、これは先ほど述べたように強力な技術なので、どのルートを選択しようとも、早めに確保しておくのが吉です。当然、小屋は無く、農場タイル+専門家で研究を進めている場合はスルーして問題ありません。首都だけ小屋を育てている場合でも十分強力なことを覚えておきましょう。官僚制やOX大学との相性抜群なためです。

 

色々ルートがありますが、現在教育を独占中であり、「経済学」一番乗りまでまだゆとりがあるので、ひとまず「活版印刷」を取得後に「経済学」一番乗りを目指す形で進めようと思います。

 

初心者向けに解説すればするほど初心者はここまで読まないんじゃないかと思えてきたので次回から軽くしようかなと思いつつ、今回はここまでといたします。

 

 

f:id:okometsubu-blog:20190926214912j:plain